忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   

むふ〜〜〜〜。


昨夜のフトドキな記事に(…自分じゃぜーーんぜんフトドキだなんて思っちゃいませんが、対外交渉的にこう書いとかないと色々とキケンだからね〜〜〜笑)案外肯定意見が水面下拍手で送られてきまして(w)、あらま、おほほ♡とかなってたワタクシです。

が。


たまには思うんですよ。

私、なんでこういつも攻撃的なコトしか
書かないんだろうなぁ、って。
書かない、んじゃなくて、書けない…、っていうのが本当なんだけどね…(^^;)
反省……してるわけじゃなくて、なんというか… 
なんか人生、そんな不平ばっかり言ってるのって
つまんないんじゃないかなあ……とか。


(^^;)


いっそ、モノを考えることをやめて、
長い物には巻かれて、常に考えずに右へ倣えしとけば
些細なことにも幸せを感じられるんじゃあないだろうか……… とかね。
旦那を主人と呼ぶことに抵抗があるとか、アンタは内田★菊さんか、とか…(^^;)
ん〜、あの人はスキですけどね。すごいな、女傑だなって尊敬すらするけどw

…でも、あの人だって「じゃあ、幸せか」っていうと、
多分そうじゃないんだろう、と思うんだよなぁ。

うっかり物事を色々と考えてしまったために
みんなと同じように出来ずにハミ出して、
でも芸能人だからそれもセールスポイントでまあオッケ… かもしんないけども
やっぱりきっと、孤独なんだろうな…と思う。著書とか読む限りではね。




主人、とか、お義母様とか、良いヨメとか、
善き母とか、いわゆるこれら代名詞みたいなモノは、悪いモノではない…とは思う。
幸せな家庭を築きたいとか思うのなら、そういうカタチに自分をはめ込むのも
ある程度必要なのかもしれない、とは思う。

………やっぱり、朴訥に男を立てて夫に従い、
夫の好物を家にいて作りパートして小銭も稼ぎ、
生家にも義理を立てつつ夫の家に骨を埋めるような女の方が、
周囲も自分も幸せになることは間違いない………と思う。

というか……

そういう女であることに幸せを感じられるとするならば、
絶対条件は夫の在り方、だとは思うんだけども。


いや、人のせいにするわけじゃなく(^^;)

息子の嫁を、そのご両親が大事に育てた娘さん、と思えない男の親はやっぱりダメだし、
自分の親と夫の親を、同等に大事だと思えない嫁もダメだ。
自分の親と妻の親を、同等に尊重出来ない男もダメだ。
よね。


となると、
やっぱり「モノを考える」ことは大事なのだな、と再認識する。


何も考えずに
「ヨメはこういうもの」「お母さんってのはこういうもの」と右へ倣えしてしまう夫だと、
妻の苦悩とか葛藤には思いが及ばず、妻が人間であることすら忘れてしまう可能性が高いから、妻に見放されてしまってもその理由が分からず、困り果てたり怒ったりしなくてはならなくなる。

女の方も、何も考えずに
「ヨメはこうでないと」「善き母っていうのはこうでないと」とステレオタイプに左右されていると、気がついたらどっかおかしくなってたりする。
普通に世間でいわれている「良い嫁」でない自分に、自己嫌悪してしまうはめになる。




くだらない。


私は二度と「ヨメとして誰かの家に入る」っていうのはしないつもりなんだけど
嫌でもそのうち、どっかのお嬢さんを息子の伴侶として迎え入れなくてはならないんだと思う。
その時に、こういう物の考え方のできる女の子でないと、やっぱりやって行けない…と思うんだよねえ…。

当たり前のように「良い嫁」「良い母」を考えもせずに
トレースするだけの女の子は、
ダメだ……(^^;)
絶対話が合わないので、つき合えなくなって行く。
けどまあ、ステレオタイプが好ましいと思ってる女の子なら、
姑の私の言い分は一応尊重してくれるだろうから、まあ、
…それ以上揉めることもないだろうけど(笑)。


げ。

姑になることなんか考えたくないなw



目下、自分はどうなんだろう…という話だったはずなんだが。

苦笑。





ホントはねえ……
自分で描くテレサと島の夫婦関係っていうのがかなり理想、ではあったりする(笑)。

も、テレサちゃんは、名実共に島さん命なので
多分「主人」だろうが「ご主人様」だろうが、島がこう呼んで、ということには
1500%逆らわないし犬と呼ばれようが奴隷と呼ばれようが、も、♡飛ばしまくりでなんでもオッケ、でしょう(爆)…
島のお母さんお父さん次郎君のことも同じくらい大事で、
自分を犠牲にしても尽くしちゃう。

そのかし、島ももちろんテレサ命なので(笑)
ステレオタイプの妻、母、嫁を求めることはしないし、
彼女の育って来た環境を知ろうと努力するし
そこから地球の慣習や自分の家の慣習に彼女が馴染めるかどうかは彼に取っても一大事。

お互いがお互いの感情の動きに敏感であろうとする関係、っていうのがないと、
やっぱり上手くは行かないわけで。
ことに島とテレサの場合は、国際結婚どころか異星間結婚なので、余計に。



……とゆーより。


そもそも、そこいらのごく普通の結婚、であれ。

お互いが、お互いの感情の動きとか価値観のズレに敏感であろうとすることや、ぐずぐずせずにそういうことを意見交換してすりあわせて行く、っていう態度がないと、男と女は上手く一緒にいられるわけがないのである………

そうやって手に入れた物しか、幸せ、っていわないんである。






……ただまあ、
そんなのはただの理想なので、
理想は理想として島とテレサのオリストに反映させて
ひとりでムフフ、とかするっきゃ、ないのであった………



む〜〜〜〜〜〜〜〜〜…(^^;)






拍手[6回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

島君ち

  • by マシュー
  • 2013/08/13(Tue)22:34
  • Edit
家族が仲良くて理想ですよね。私もムフムフしてます(#^.^#)

Re:島君ち

  • by ERI@Endorphin
  • 2013/08/13 23:08
>マシューさん

かつて、ある常連さんに「ERIさんちの島君家は、「のだめカンタービレ」ののだめの実家みたい」といわれたことがあり。
な〜〜〜〜〜る………(笑)
のだめ、ご存じなかったらスミマセンw

無題

  • by さくら
  • 2013/08/15(Thu)11:19
  • Edit
こんにちは、ERIさん。
前の記事から読ませていただいていますが、コメントするには、デリケートな問題かと、読み逃げしてました(笑)

私は、ブログでERIさんが自分の考えを書いて、それが自分と違っていたとしても、「断じてちが~う!」とか、コメントするのは、おかしいと思う。
読みたくない人は、読まないように警告が出ていたしね。
だって、そういう人は、ブログに遊びに来なければいいんですよ。
ERIさんは、自分の考えを書いていいと思います。
だって、それがERIさんでしょ?

私も、結婚するなり、旧知の仲のように、アレコレ命令(?)する義母は、ちょっとおかしいと思いました。
婚姻届だけで、人間関係は出来上がらないでしょ?
結婚で新たな人間関係を作って行くには、初対面の人と接するように、お互いに少しずつ知りあっていくべきだと思うんでうよね。
私の義母の、それが出来ない人だったの~
だから、2人の息子を持つ私は、将来、そんな姑にはならないようにと、義母は反面教師と思っています。
ま、仕事で忙しくしていれば、結婚した息子の事をかまっていられないと思うけど・・・

Re:反面教師

  • by ERI@Endorphin
  • 2013/08/15 14:55
>さくらさん
あ〜〜〜。
色んな方のスイッチを押してしまったようで、恐縮しきりです(苦笑)。

ある方にも言われましたが、
「あんたは奔放すぎる」とか…(^^;)
通常、思っていても口に出さないことまで垂れ流しますので、
皆さんの平和な生活に一石を投じて波紋広げちゃう、なんてことがよくあるようです……

良くも悪くも小心者なんで、結局「ひええええ、すいません堪忍して」って
頭下げつつ逃亡を図るのですが、さくらさんみたいに慰めて下さる優しい方が沢山いらっしゃるので、変に自信をつけちゃってまた悪行を繰り返すと、そんな次第(人のせいにするのか^^;!!)。

いえいえ。
さくらさんのような、物事を客観的に観察出来る方々のお陰で、
ERIはいつもドブに足を突っ込まずに済んでいるんです。
ありがとうございます(^^)。

……っていうか…
結婚だけは、何度繰り返しても上手く行かんなあ……
既にドブにドッブりハマってますよ……(殴)

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[07/05 ましゅー]
[06/26 ましゅ]
[06/26 紗月]
[05/10 某マ★]
[05/09 マシ☆ー]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]