忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   

ゴミ箱がないのにゴミを出す。

小学生でも分かります。ゴミ箱がないのに、ゴミを出したらいけません。
…でも、大真面目に「将来技術が進歩したらいいゴミ箱を子孫が作るさ」といって、信じられないようなおっかないゴミを出している、それが今の世界です。

なんのことかといいますと。

放射性核廃棄物、です。

ERIがオリスト「奇跡」で、島に地球からガミラスへ運ばせたのがそれなのですが、さっきNHKスペシャルでまさにその問題についてのドキュメンタリーを放送していました。(2009年10月11日放映)



イギリスで世界初の原子力発電所が作られたのが1956年。それ以降、世界で競って建設された原発はすでに107基がその稼働期間を終えて閉鎖されています。
閉鎖した後どうするかと言うと、安全に解体しなくてはならないのですが、その作業がどの国でもまるで進んでいない。原子力発電設備は大きく3つのパートに分かれます。それを全部手作業(!)で解体して行くわけですが、「タービン」「主蒸気管室」「原子炉」のうち、もっとも危険な場所が原子炉。長く稼働した原子炉は、それ自体が「放射化」といって、強い放射線を発する大きな金属の塊になってしまい、人間は内部に入る事が出来ません(死んじゃいます)。それで、各国ではロボットを使って遠隔操作で解体を試みていますが、何と、建設された当時の図面では不明瞭過ぎて遠隔作業のための数値入力ができない。だから、ロボットでの作業もままならず、何億もの税金が無駄になっているらしい。しかもですよ、そこまでしていても尚、平成12年までに解体しなくちゃならない東海発電所の原子炉は、まだ主蒸気管室の解体すら終えていない。原子炉はまだ手つかずだそうです。しかも、施設の中には行き場所のない「使用済み核燃料」が、ドラム缶に入った状態で眠っている。この使用済み核燃料の処分場も、まだ決まっていないそうです。
決まってないんだよ!!ゴミ箱がどこだかわからないまま、あれがまだ、積んであるんですよ。東海発電所だけじゃないです。日本だけじゃなく、世界各地で解体後の処分場は決まらず、ものすごい放射線を出す廃材や使用済み燃料がそのままになっている。解体が進めば、その量ももっと増えるんです。

放射線の恐ろしさは、調べればいくらでも出てきます。
怖いですよ。「はだしのゲン」はかなり露骨ですが、停止した原子炉内部も30分で人間が1年間に浴びて大丈夫な被ばく許容量を超えてしまう(1900マイクロシーベルト以上の)放射線が出ています。人がそれを浴びるとどうなるかは、あんまり怖いので、ここには書けません…。


特に怖いのが使用済み核燃料です。原子炉内部からそれを取り出して、特殊な容器に入れて地下500〜600メートルの設備内部に埋めるのですが、皆さんは自分ちの近所にそれ、埋めて欲しいですか?
各地で、その処分場も住民の反対にあってなかなか決まらないままです。
ドイツのアッセ、というところでは、一度住民が受入れ、地下595メートルに施設を作りました。でも10年後に調査したところ、地質が脆くなり地下水も漏れ出ていて、安全性に疑問がもたれた。だというのに、なんと10年間ドイツ政府はそれを隠蔽していたんだそうです。それ以後、処分場はドイツのどこでも決まらないまま…。当たり前だよね。

でも、下手したらうまいことダマクラかされて、処分場が近所に出来ちゃう市町村があるかもしれませんよ、この先は。健康被害?政府は、それは仕方ない事だ、という「理解」を国民に求めようとしていますからね。


アコギだなあと思うのは。
NHKは、国営放送です。だから、国民にその怖さの半分は開示する義務があるわけで、だからこういう企画を通して見せる。でも、その事が実際に何を意味するかまでは、放映しないんですよ。現に、小学生に原発の事を教えるけれども放射線障害については教えません。「はだしのゲン」で何を教えるかと言うと、「核戦争のない世界(オバマか)」であって、ほーら日本政府はあの爆弾を「平和施設」に変えて、みんなの家に必要な電気を作っているんだよ、…ということですからね。


国は、温暖化対策だと言ってまた新しい原発を作る計画を立ててます。でも、閉鎖した施設を安全に処分する方法は、「いまだにない」んです。核の平和利用、という言葉もきいたことあるでしょ?まあ、兵器じゃないやね。でも、真綿で首締めてるってことはほぼ、間違いない。将来の子孫が、いい処分場といい処分方法を考えるだろう、といって見切り発車したのが原発の稼働です。使用済み核燃料のリサイクルってのもありますよ…プルサーマル発電ってのがそれです。でも、それ事態も「安全性すら確立されていない事業」だそうです。よく言われるのが、石油ストーブにガソリンを入れて燃やすようなものだ、という例え。燃料の圧縮自体が違うんだから危険だ、と言ってる専門家がとても多いのです(が、国はまた見切り発車しようとしてますね。福井でプルサーマル発電所を稼働させる予定がもう立っているようです)。
電力会社も、電気を売りたい。原発は安全だ、と言いたいわけです。どの国の国民も、事実を知らない人はそれほど焦燥感、持たないでしょう。電気は便利、原子力発電なら温暖化も防げる、経済効果もある、なんて、そっち方面しか考えないから。

NHKスペシャルの特集を見て、「何か解決策が?」と欠片でも期待した自分が悔しい。


電気は必要ですよ、でもね、こんなものすごい毒を抱えて暮らさなくちゃならないって分かっていたら、…どうでしょうね??
遊星爆弾降らなくても、原発から出る原子炉の解体後の廃材、使用済み核燃料だけで地球かなりヤバいことになるよ。


…なんか、真面目なこと書きました。
ああ、まじめに考えると怖くてしょうがないから、またコッチの世界へ逃げていよう…。



拍手[1回]

PR

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[07/05 ましゅー]
[06/26 ましゅ]
[06/26 紗月]
[05/10 某マ★]
[05/09 マシ☆ー]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]