忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   
カテゴリー「宇宙戦艦ヤマト2202」の記事一覧

中の人スペシャルインタビュー、ですって。

電撃ホビ―Webにこんなの出てました。

(中の人の)スペシャルインタビュー

チャラスケの中の人、ね。


主旨としては「チャラスケは2202ではオトナになってるので、チャラくありませんよ」という感じですかね……
まあ、確かに、発進編までのチャラにはセリフがあまりなく、登場シーンも少ないし、結構顔のUPもある割に「ダンマリ」です。ま、ダンマリ、で彼のバックボーンにある難しい事情を表現してる?のでもありましょう…(制作的には簡単だしね)



声優さんにとって、ある作品に対してうんちくを語るというのは、かなり難しい面倒な作業です。
ヤマトほどの作品になればあるいはあのくらい(上の記事の分量くらい)穿ったことを発言出来るのかもですが、大概はひとつの作品に対する思い入れはさほどなく(ゴメン、現実そういうものだよ…。週に数本アニメ抱える人なら余計。ファンが思ってるより、声優は作品への思い入れはありません)そう考えると、鈴村さんはずいぶんとヤマトそのもののファンなのだな、とは思います。

だからさ…
余計、なんというか、申し訳ない気がする。


リメイクヤマトにとっての島大介は、いち脇役でしかないから。

旧作の、「古代の親友」としてのポジション、「冷静沈着な操縦士」としての立ち位置よりも、さらにもっと希薄な存在になっているから。


鈴村さんは、ずっとテレサと絡みがあることを期待してる風ですけど、
ないからね…… まあ設定的にムリですから。
演技に悩まなくちゃならないほどの出番は、残念ながら最後まで、ないでしょう。

(だからこそ、監督は演技について何も言わないんだよ…。台本どおり、それっぽく演っててくれりゃ、それでオッケーなキャラなんだよ………)



っていうかさ。
チャラスケ、どうしてアンタ、あんなとこからあんな風にヤマトに乗ってんの?
計画的なもの……にしては大冒険過ぎるっしょ…
無計画、とも思えないけど、煮え切らねーなー…
(あ、これ、発進するまでのことね……観た人は分かると思うんですが、いやはや、行くのを渋ってた島、とんでもないところからかなりギリギリなやり方で乗り込んでるからね?バカなの?っていうような島大介らしからぬ行動取ってるからね……ならもっと、とっとと先に来んかい、っていうような搭乗の仕方してるから。しかもさらっとしか描かれないという)

ええ、島らしからぬ、あまりにも無駄な労力駆使した方法で搭乗してます。

(そういうのがねー………脚本アホなの?とは思う、ホント・笑)



さて。

三日月小箱さんのお惣菜のために一生懸命作品作りをしておりますが、
なかなか上手く行きません。

やっぱりそれは、リメイクアニメに私自身があまり興味がないってのが原因。
旧作準拠でしか何も作り出せないってのが判明したので、方向転換しています。
良いよねえ?!(泣き)






拍手[7回]

PR

第2章発進編 最速先行上映会観て来たよん。


観て来たよん……は良いんだけども。
ネタバレなしで、どこまで書いていいものか……いや、どこまで書けるのか。
(^^;)

今回は、三日月小箱さんの管理人・紗月さんにお誘い頂き(チケットを回してくださったみなさまに感謝!)二人で出かけました。

とにかく、自分ではまったく意識しておりませなんだが、
どうやらワタクシのココでの暴言は有名らしく(^^;)
まーた暴言つらつら書かれるんじゃないかと、私の与り知らぬところでまで心配されちゃってたりなんかしてヒジョーにモーシワケゴザイマセンなんだが、本音を隠すのも性にあわず……(笑)



つわけで、率直な感想をつづきに。

あ。
ひとつ、これだきゃ言えます。

島ファンに取っては、ある意味朗報ですよ?


拍手[9回]

やっと第一章嚆矢編観ました…

1080円が勿体なくて、今まで観なかったんですけども(おい)…
おにーさんに奢ってもらって動画サイトで観たよ〜。

それはなぜかと言いますと。
先行上映会にお誘い頂いたもんですから(あっ、これ内緒だった??)



感想はつづきへ



拍手[4回]

違う!断じて違う!

なーーーんつーーーかさーーーーーー……

2202のチャラスケ。

古代君とのツーショット(?)なポスターが出てますでしょ。

なーーーーーーんかチガウのよねーーーーーーー……



古代とおなじ表情の島。
そーーーーじゃないんだよね〜〜〜……
島大介はああじゃないんだよ。もはや、やはり別人なんだな……(ハァ)
もう名前変えれば良いのに。

古代と島が、二人してギラギラしてるって。
それが旧作島大介ファンの失笑を買ってるって事実になぜ気が付かないのか。

<その根拠はこちらの記事にて。>



まあ、制作側にとっては、所詮島大介なんてモブ扱いなんだろうけどな。
やっぱりあれは「我が青春のガーレ・ガミロン&テロン戦艦ヤマト2」なんだな…
断じて「宇宙戦艦ヤマト」ではないな。


拍手[7回]

2202のメカが復活篇でカワウソな件

予告ムービ―見ててすごく感じたんだが。

…………やっぱ、メカデザに松本零士御大が関わっていないと、獺祭な。

(気を遣って獺祭と書いていますオホホ)

ちなみに、獺祭図……っての、意味が面白い(笑)向田邦子の小説に出てた意味でよろ。
2202のメカ群は、まるで獺祭図なのだがこんなこと正面切って言ったら怒られるのだろうな……(^^;)


どっかでみたなあ、っていうデザイン。
考えてて「ハッ!!!」
…似てる……どれもこれも復活篇の敵メカに……三角とか多用する辺り似てる……(多分デザイナーが一緒。復活篇もカワウソだったから覚えてる…)


なんつーか、カワウソなのよ〜〜〜〜……
(もうね、ホント気は遣ってるのよ、一応ね。だからカワウソって言うけどね)




ヤマトの世界観の魅力のひとつは、やっぱりなんといっても御大のメカデザインだった、とものすごく改めて思うERIでありました。メカデザインと音楽は、他の人だったらあれほど当たらなかったよきっと、うん。
イスカンダルのロケット(2199でシェヘラザードといわれていたアレ)、
デスバテーター(ガトランティスの偵察機:カブトガニみたいなの)、
やーっぱ奇麗だもの造形というかセンスがー。


あーあ………

まあ…、
良く出来た二次創作、って呪文唱えてないとまたヤンなるからな…
ガンバレあたし!





それに比べて、最近またマクロスF観てたんだが、
やっぱカッコイイな。
2199も2202も、女子隊員たくさん出して全員『全裸にお絵描き』な隊員服着せて並べても、シェリルひとりに敵わない………洗練されてるんだよね、ストーリーも女の子もメカも戦闘シーンもラブストーリーの描き方も。音楽もかなりヤマト危ない、っつかアキラ氏のクインテットヤマトになってからどうもオリジナルとは同じ曲という気がしない…。

雪の中の人が、マクロスFでは巨乳女子学生とゴリラな姐さん戦闘員の二役やってるのだが、断然
ゴリラのほうがカッコいいのはナゼだろう(^^;)雪もゴリラ路線で逞しく闘って欲しいものだ(またそんなこというと石が飛んでくるかな?)けど、そういう雪ちゃんなら是非観たい。
「うおおおおおーー!!!」って絶叫してロケットランチャーかなんかぶっ放して欲しい……(ダメ?)

あ、いいなそれ。
2202の雪設定で、ブラックラグーンのレヴィみたいな銃撃戦やってください是非!!でも、そうするとますます古代の立つ瀬が無くなるか……
つか、どなたかそゆの、描いてくれないかなあ〜〜(丸投げかい)笑。











拍手[4回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[07/05 ましゅー]
[06/26 ましゅ]
[06/26 紗月]
[05/10 某マ★]
[05/09 マシ☆ー]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]