忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   
カテゴリー「ハンドメイド。」の記事一覧

黒いモヘアのコ。

うふ!続・素敵な奥様!

黒いベアが9割完成しました。

お腹の所には、息子たちの学ランのボタンをつけようと思ってたんですが、いざ用意してみるとボタンって案外カッコつかず。大きくてプラプラしてるので安定感が無い…
そこで学校の校章を付けてみました。
記念にしろ、どうせしまっとくだけのものだから、だったら目に見える所に……と思って。



ナナメ掛けしてるのはガンベルト……じゃないですよ(^^;)ただのストラップです。
ていうか、ガンベルトっぽいものを作れ、銃か剣か盾を持たせろ、って息子たちが言うんですけど、イヤンそんなの〜そういうテイストじゃないの!って突っぱねてます。
(でもそういうのもなんか似合いそうだな〜w、立体機動装置とか?作れないケド)


一応ね、首に巻いてるのはオシャレなシルクのリボンなのよ〜〜〜〜〜




顔はこんな感じ。

ちゃんと口元の刺繍もしてあるんですけど、写真じゃわかりませんな。
黒いクマは撮影がとても難しく、大体撮ったあとに画像ソフトで見えやすく加工してます。そうしないと何がなんだか分からない……








このモヘア、ちゃんとしたメーカーのものなんですが、500円の特価ハギレを2枚、つまり1000円で作れてます。目はパープルのイングリッシュグラスアイなんですよ。目も400円くらいかなあ。単価が一番高いのは、首に巻いてるリボンだったりして……





このあと、手足のパッドに爪の刺繍をして完成です(^^)♡

拍手[4回]

PR

素敵な奥様♡

うふ♡

久しぶりに、素敵な奥様モードでいっちょ行きますわね♡
(キモイぞ)

まずは衣装から。
(何ごとも形を大事にね♡)

これから、本格的モヘアを使って、作りかけのテディベアを縫います♡
まず、白いストッキングを履いて〜、ふんわりスカートを。
上は白いブラウスが良いですね〜(^^)

モヘアは散らかるので、黒っぽい服はNGですよ。
エプロンを着けるか、膝の上に奇麗色の布を置きます。
お針箱と、くず入れを近くに置いて、背中に手縫いのカバーをかけたクッションを当てましょう。

準備は良いですか?

うふ!

針に糸を通して、チクチク再開〜♡

今は、こんな子たちを縫っているの。
ミシンは一切使いません。
一針2㍉幅の半返し縫いで、丁寧に縫って行きます。



モヘアはドイツ・シュルテ社のラティニティ・ゴールド・モヘア。
耳はまだ仮止めです。
目はイングリッシュ・グラスアイ。
鼻と口は5番の刺繍糸で、これも一針一針丁寧にサテンステッチを施します。
笑ってるみたいな口元に刺すのが結構大変です。

モヘアの裁断もコツがいるんですよ。
もったいないからといって、毛の流れを無視して裁断すると、可愛い毛並みが出ないし、お顔が歪んだりします。



色んな角度からみて、可愛い表情になっているかな?

絵とは違って、立体、三次元ですから全方位から眺めて可愛い、を目指さないとなりません。彫刻と一緒かなあ。

平行して黒いお顔の子も縫っています。
お顔ばっかり溜っちゃって(笑)早く手足を縫って付けてあげなくちゃ〜〜。




黒い子は、お腹にボタン代わりに次男の高校の制服のボタンを付けて上げる事にしています。
使わなくなったランドセルから、小さいランドセルを作り出して記念に取っておく…っていうのがあるでしょ?それと似てますね(^^)



手縫いの作業は、ゆっくり、ゆったり、笑顔で行わないとなりません。

なんでかというと…


顔のあるものは、その時の作り手の気持ちを敏感に反映してしまうから。

怒りや悲しみ、辛さ、寂しさ……
そういう感情は特に、ベアの顔に投影されてしまいます。
目がきつくなっちゃったり、怒ったような顔になっちゃうんですよ。

だから、気持ちが幸せでないと作れないんです。


うふ(^^)


ベアを作り始めたのは、ちょうど一年前くらい。
家の中が落ち着いて、やっと笑顔が戻って来た頃からです。
それまでは、買って眺めているだけでした。
ああ、こんな幸せそうな顔のぬいぐるみ……一体誰が、どんな風に幸せを注ぎ込んで作っているんだろう?そう思って、羨ましかった。
このベアの微笑みを、幸せを分けてもらいたい、そう思って、ベアを眺めていました。


絵は、案外メンタルがメチャクチャでも描こうと思えば描けちゃいますけど
立体はそうはいかない。
例えば、絵で、「この一筆に微妙な感情を込める!」っていう部分があるじゃないですか。
目の表情や口元の表情で、絶妙な、ドンピシャなラインっていうのが。
それを、線ではなく立体でやるわけですね。
すごく難しいけれども、思ったようになった時は、すごく嬉しい。


立体で、っていうのの例が、これかなあ…


耳の位置で変わる表情、でしょうか。



 

このコですが…
耳の位置が、上の方です。得意げな顔です。大人のクマ、っぽいですね。



耳を下の方に付けてみました。幼い感じになります。



少しだけ、上の方にずらしてみます。だんだん分からなくなって来ますが…(笑)



目の色を緑色に変えています。それだけでもこんなに違う顔に。

結局、このコは、最終的にこうなりましたが↓






そして、やはり絵心があるとないとでは、お顔の造形の出来の程度も変わります。
作ったベアを見た人が、可愛い〜♡って喜んでくれると、
ああ、絵が描けて良かった、って思いますよ。
自分も嬉しいしですしね〜〜(^^)


指先は指ぬきをしていても針でよく傷つけます。
一つベアを作ると、両手がボロボロになってしまいます(笑)
治るのを待って、また作る。
首や背中が痛くなるし、ストレートネックにもなりやすい。
でも、自分の幸せな気持ちを託す子たちだから、苦になりません。

自分も、幸せでいようとしますもん。
可愛いベアを作るためには、自分が幸せでないと駄目ですからね(^^)

それに、案外これは、誰にでも作れます。
絵心があった方が可愛い表情は出しやすいですけど、
あればラッキーくらいなもの。
必ずしも絵が描ける人ばかりではないですからね。
お料理と同じで、誰にでも出来ますよ。特殊技能でも何でもないです。



こうして手縫いで丁寧に作った本物モヘアのベアは、何十年も保ちます。
絵も、油絵なんかは100年経っても大丈夫だったりしますが
デジタルイラストや紙の作品はなかなかそこまでは保ちません。
作った時の、幸せな思いをそのまま閉じ込めて、
また誰かにその幸せを繋いでくれる……それがテディベアです。


うふふ♡






拍手[5回]

行って来るのだ^^♡

クマ関係です〜〜(^^)

7月19日(土)・20日(日)、東京国際フォーラムにて
日本最大のテディベアの祭典 第22回テディベアコンベンションが開催されますぅ〜〜!

もう、行かずには居られない………

日本テディベア協会のコンベンション関連ページ↓
http://www.jteddy.net/22convention/index.html


あの広い会場が、まさにクマまみれになる………!!


ベア教室の先生から、招待券をいただいてるので
本当はどなたかとご一緒するってのも悪くなかった…のですが〜……

私は独りで観に行きたい(笑)そして好きなだけ好きな場所に入り浸りたい!



とにかく楽しみっ!!!
むふふっ!!!!!

拍手[2回]

端切れは大事だよ〜ヘイヘイホ〜

・・・・・。

自分でタイトル書いて、そのセンスの無さに脱力。




ハンドメイドです。
クマ話です。
興味ない方はスルーよろ〜〜♪


ふっふっふ…
現在新企画のために新たなページ作りの真っ最中なERIですが
(「いっせーのせ!」以外にも進行中なんですよ。なんと「第三艦橋」様の新作をお預かりしております。楽しみにしていてくれたまえ、諸君〜〜)
第三艦橋の管理人さんに、そんなことしてたらクマ作るヒマなくなるよ?って心配されちゃったんですよね〜〜〜〜〜〜いやいや無問題。




だって、端切れを使ってまたひとつ、
作ったもんね〜〜〜(^^)♪






ホレ♪








一体目のライトブラウンのモヘアの端切れと、
二体目のダークブラウンのモヘアの端切れを寄せ集めて、
小ちゃなベアを作りました。


三体目と並べると、こんな感じ〜〜〜







小ちゃいです。
立たせて15センチ、というところでしょうかね。

ちゃんとグラスアイを使ってますが、ジョイントは糸ジョイントです。
頭以外は動きますよ。




ベアの材料に使うモヘアは、
もちろん国産もあるのですが種類が少なく、質感もイマイチなんです。
私が好んで使うのは、ドイツのシュルツ社のモヘア。

50×70センチ程度の布で、
ものによっては3000円くらいします………

なので、ホントに小さい端切れも無駄にするわけにはいかないんですネ〜〜(^^)
こうやってもう一個小ちゃいベアちゃんが作れちゃうくらいですから、
端切れは大事だよ〜〜ヘイヘイホ〜〜、なんでございますよ。

お料理中、野菜の切れっ端は「えっ、それ捨てちゃうの!?」っていうほど
捨てるERIですが…端切れは取っときますの。
うふ♡


(だからさあ、どうして「家庭科」の中に「料理」と「裁縫」が同居してんだよ、なあ!?料理と裁縫は、数学と国語くらい違うぞ?!なのに何で一緒くたなんだよ、責任者出て来いよオラァ!!)←誰か止めて


拍手[4回]

3号たん改造!

さっきUPした3体目(3号たんw)ですが、
首に巻くのをリボンにしようか他のものにしようか考えた挙げ句
手芸店まで出かけて行って、首輪のモチーフとイタリアンカラーのチロリアンテープを買って来て即席の首輪アクセを作った〜。



3号たん。さっきのコ。



このコに、首輪を付けて…

手足の肉球表現を焦げ茶の刺繍糸で施しまして…

鼻も、もうちょっと上に、大きい方がかっこいいぞと思いまして
刺繍糸をプラス。






完成しましたのがこちら〜〜♡ ↑


いやーん、男前〜♡
ん〜、写真だと口元がよく見えないなあ…
赤い刺繍糸だと、写真に上手く写らないんですよね〜。


この首輪はちゃんと外せるので、リボンへの付け替えも可能なのだ(^^)♪



もう1枚♪






最初は鼻の刺繍をするのがとても大変で、しかもなかなか上手く行かなかったんですけど、
だんだん慣れて来ました。
いいねいいね♡


よし次は、ライトグレーのモヘアのコだ♡

近日中に4号たん制作に取りかかります!笑!




※追記

ウチの末っ子に、このダンディなちょとパンクぽい首輪の3号たんを見せたら(w)、
「首輪してるなんて、人間に飼われてるみたいで可哀想だ」とか言いおった。

むー、これはファッションなんだけど。

というのも、この3号たんの首輪の後ろはこうなっているのであります。





うしろはチロリアンテープなのよ。
首輪は皮なので接着剤でくっつけただけなんだけどさw
イタリア〜ンな伊達男っぽい感じを狙ってみたのだが
コドモにかかっちゃ「飼われたクマで可哀想」とな…

ま、そんなもんか、コドモのお洒落感覚なんて(笑)



拍手[1回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[07/05 ましゅー]
[06/26 ましゅ]
[06/26 紗月]
[05/10 某マ★]
[05/09 マシ☆ー]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]