忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   
カテゴリー「島大介(宇宙戦艦ヤマト)」の記事一覧

毎年3月9日には

もちろん、思い出しています…ひっそりと。

命日は夏ですが
ファンとしては、この世にあの方が生まれて来てくださった日を思い出さずには居られません。


最後は、あまりにもあっけなく逝ってしまわれましたが…
最晩年の5年間。
月に2回は一緒にお茶させて頂き
声のレッスンまでして頂いていた、…多分、ケアマネージャーさんの次に親しくさせて頂いていたERIです…


誰かと親しくなると、その人の良い部分だけではなく悪い部分、嫌な部分も目にすることになります。
白状しますが
かの方におかれても、そのような多面的な部分を赤裸々に見聞きしました…
私は自分を叱咤しなければ、お会いしに行くことが出来なかったこともありました。

「似ている同士」でなければ、きっと我慢出来ないだろうことって、ありますよね。

あ。

秀生さんとERIが似ている、とは言っていませんよ、そんなおこがましい(笑)
ですが、夢中になると細胞レベルで周りが見えなくなるところや、どう贔屓目に見てもエキセントリックだよね、変わってるよね、ってところはとても似ていたと思います。
ご長女さんが、かつて「父はゴッホのような人だった」と仰っていましたが…
ええ、それ、よく分かります。
私も自分の中のゴッホみたいな部分を必死で抑えながら生きて来たので。
でも、私の中のゴッホは、秀生さんの中のゴッホと比べたらちっちゃなゴッホで(何の話かチンプンカンプン?…かもね・笑)。
それが、私と秀生さんとのカリスマ性タレント性の大きな差、でもあったのでしょう。
抑えられるほどのゴッホなんて、大したゴッホじゃないんですよ(笑)


秀生さんのゴッホは、あの方を壊すほどの影響力を持ったゴッホでした。

今でも私は、あの、秀生さんの中のゴッホが自ら、あの方の人生の幕を引いたのだ、と信じています……事故でなんか、あるはずがありません。



実は、
ERIは仲村秀生さんが亡くなられてから、
旧作のヤマトをまだ一度も観られていません。

つらい?

つらいな、と思うって言うのもあります。

でも、一番好きだった頃のお声ですから、寂しい、というのが本音です。


実は、晩年良くお会いしていたときの秀生さんのお声は、島大介の声でも力石徹の声でもありませんでした。強いて言うなら、声に張りの無くなったど根性ガエルの南先生、かな。

島さんファンの皆さんには想像しにくいでしょうけど、
秀生さんご自身は島大介のキャラクターとはまったく似ておらず…ヤマトの登場人物で言うなら……デスラー総統かアルフォン少尉?って感じでした(笑)。
俺様が世界の中心、と信じて疑わない孤高の老俳優、という感じ?
常に王様であるかと思えば、同時に小さな子どものように欲求むき出しになったりして、ERIはまるで、この人は地上に降りてきた、暴れん坊の小さな神様みたい、と よく思ったものです……


5年間の中で、私は二度
秀生さんに叱られたことがあります。


一度目は、沢田敏子さんの敏、という字を間違えてメールしてしまった時。
(沢田さんは、ハイジのナレーションの方、と言えば分かるかな?秀生さんと同世代ですがまだ現役でいらっしゃいます)

人の名前というものは、間違えてはいけない。
メールの機能で淑子、と変換されてきたのをそのまま使ってしまったのですが、いや、それは駄目だ、人に見せるときは名前はよくよく確認してからにしなさい、とおっしゃいました。
最もなことです…

「あしたのジョー」のアニメのクレジットで、
仲村秀生が中村秀生、になっているのを見つけられて、「ああそうだ、このアニメは僕の名前を間違えているんだった」と思い出され、その話になったんでした……(笑 あしたのジョーはお好きで、DVDをプレゼントしましたら、飽かずに何度も観てくださいました。僕のやってる力石って、カッコいいね!と驚かれたように仰っていたのが思い出されます…)



二度目は
やはり私がメールの中で、秀生さんのご指導に対して失礼な反論をしてしまったときです。
詳細な文言は挙げませんが、他の声優さんの練習法を褒めてしまい、秀生さんの指導方法を軽んじたような表現になってしまっていたのです。
あとから「この表現は、僕としては非常に残念に思います」とたしなめるようなメールが来て、「きゃあああああ」と青くなりました(笑)


ですが、押し並べて、
秀生さんは私のことをとても可愛がってくださり
なにくれと世話を焼いてくださったのです。

秀生さんのおかげで、私は「声優になりたい」という幼少時からの夢を叶えることが出来ました…
まあ、ほんの数年ではあったのですけれど。




ひとつだけ、ものすごーーーく残念なことがあります。


私は、カラオケで秀生さんに指導を受けていた時、ICレコーダーを使って録音していました。
ですが、へたくそな頃からずっと録音を録りだめしていたために、レコーダーの容量がいっぱいになってしまい。
そこで、「この先もっと上手になるのだから、古いものは消去して行こう」と思いたち、一回数時間にも及ぶ自分と秀生さんとのやり取りを録音した記録をほぼ、消去してしまったのです。

中には、養成所の課題を二人で演じたものもありました…

子ダヌキが変化の練習をするのに、お化けになってお寺の和尚さんを脅かす、という短い小咄です。

もちろん、子ダヌキを出し抜く和尚さんを秀生さんが
子ダヌキと、最後に出て来て和尚さんを出し抜く大妖怪の母ダヌキを私が演じました。
これ、とっても出来が良かったんですよ〜〜。
ところが、「来月はもっと上手くなる」と思った私は、それも消してしまったんです。


返す返すも、惜しいことをしました……


その後、体調を崩された秀生さんとは、もう一緒に同じ台本を演じることなど出来なくなり。
そのまま、お元気だったはずのある日、突如帰らぬ人となってしまわれました。

バカな私は、家の固定電話の留守電に入っていた「仲村秀生です。●●●さん(私の本名)お電話ください」というお声まで、消去してしまったんです……

だって。

またすぐ、次がある、きっとお元気になる、と信じて疑わなかったから………。







おかげで、晩年の秀生さんのお声は
最後にされたナレーション、
東北新社で録音された「宇宙戦艦ヤマト2199発進式」(BSでしたから、私もTVでは観ていません。DVDを直接頂きました)のレポート番組でしか聴くことは出来なくなりました。

もちろん…

島大介の声の面影は、ほとんどありません。

不思議なんですけどね……


いわゆる「中の人」は目の前におられるんだけれども
もうあの島さんの声、は「無い」。

でも、確かにあの方は島さんを演っておられました。



たぶん…


まだ、旧作のヤマトを観ると
言いようのない気持ちになっちゃうんじゃないでしょうか…私は。
島さんの声は、そこで生きているからです。

声優さんの声は、生き物です…

特に、亡くなられた方の声は、作品に魂を移して、そこで確かに生きている。
おまけに、ご自分の中の『ゴッホ』を抑えた「役になり切った声」だから、輝きを失いません。
最近の、無声音/鼻濁音の使い分けがまるで出来ないナレーターや若手声優さんの聲とは明らかに質の違う、芸術とも言える声の碑。

確かに亡くなられたはずなのに、そんなのは何か、悪い夢でも見ていただけなんじゃないのか…?そんな気にもなります。






毎年3月9日には、こうしたあれこれを思い出しながら、
一体いつになったら、旧作のヤマトを観られるようになるんだろう?と
私は思うのです。







拍手[12回]

PR

忘れてはいません

人間の脳には、安全装置がついている

辛いこと
悲しいこと
自分の心の容量ではどうにも処理しきれないこと
そういうことがあると、脳が「はい、ここまで」と
考えたり感じたりする機能を停止するのです


かつて。
狂おしいまでに敬愛した人が、自分の思っていたような人ではなかった…そのことに心を痛めて、その人を遠ざけようと考えた自分がいました
けれど、その時にはもう、私はその人のすごく近くに行ってしまっていて。
その場所から、離れるのはとても難しい状態でした

敬愛していたその人が「自分の思ったような人ではなかった」
そう感じさせた原因の一つは、その人が心に負っていた病だったのだと思います
なのに、私には、それに対する理解がなく… 
いえ、頭では理解しているつもりだったのですが
結果的に、心がついて行かなかったんでしょう



お会いしたいです、電話を下さい、と
自宅の固定電話に「あの声で」メッセージが残されているのを聞いて
また思いました……
「ああ、こんなつまらないことを…。これは、あの輝いていたあの人じゃない」
泣くほどに残念でした

確かに
当時私には、あの人の気持ちを受け容れる余地がありませんでした
例え、舞台稽古の流れでの、ちょっとしたアドリブだとしても。
敬愛しているはずの人の家族に恥じなくてはならないようなことはできないと
そちらにのみ 注力していました

間違ってはいなかったと思います
私は、正しかった。


でも


自分をシャットアウトした私に対して
敬愛するあの人は耐えきれない孤独を感じたのではないか。
そう思うことの恐るべきおこがましさは承知の上ですが
なぜ私はあのとき
「連絡を下さい。お会いしたいです」というあの人の声を無視してしまったのか……
いまだにそう考えるといたたまれなくて、心が潰れるように感じます

事故ではなくやはりあの人は
自分で自分の人生の幕を降ろしたんだな…と
ふいに確信しました



そうしてもいい、と
死に抗う気持ちを増長させてしまった原因の一端は
やはり私にもあったのでしょう
その頃私にくれたメールには、私のことを「ロクサーヌ」だと…。
私がその戯曲を知っていると分かっていて、そんな風に…

メールを送っても送っても
返事が戻って来なくなった時のことを思い出すと
悔やんでも悔やみきれません……




何の節目でもないですが
書いておきたい、と思いました

私は、あなたを忘れてはいません

あなたは、いつまでも、私の人生の一部です

お好きだった映画のVHSビデオ
台本のいくつか
頂いた数々のプレゼント
いっしょに通ったカラオケ店や珈琲店
白いキャップにぴかぴかの革靴
ニュージーランドで買った革ジャン
青い鳥の絵の煙草
公には書けない、すごい愚痴や、奥様のこと、娘さんたちのこと、息子さんのこと。
借金のこと、梅の木のこと、飼っていたコロちゃんのこと、好きだった女優さんのこと。
ワンちゃんのお散歩の途中で知り合った人と、内緒でデートしたこと、
喧嘩して縁を切った人たちのこと。
すみません、私が原因でけんか別れしてしまったご友人もいましたね……


他の誰も知らない顔のあなたを、私は知っている



離婚した時はすごく心配してくれましたね…
うちの子どもたちに下さったお菓子、図書券、お手紙。
あなたのお父さんは、僕に似ているね。そう仰って。
あの時は、僕にはまだ孫がいないから、あなたの息子さんたちに、って。




時々ね。
思い出すんですよ…

何の記念日でもなく何の節目でもないのに

ふと後悔と懐かしさが溢れ出すのです――。






拍手[4回]

水野画伯よりの賜りもの〜〜!

先日の☆シュー画伯からの美味しい賜り物に引き続きまして、今回は水野画伯、という(なんと!)珍しい男性絵師からの美味しいブツが到着いたしましたっ!!

ココで男性絵師、つーたら、伊助おにーさんとかマスター(がみらすです三郎さん)くらいなんだけど(笑)
水野画伯は同人活動なんかもやっていらっしゃいますかたで、ホンットプロの漫画家さんみたいな作品を描かれる方です(……って、マジでプロかもしれない… リアルを存じ上げないので分からないんですけど)。


水野画伯は別に島贔屓でもテレサ贔屓でもないので(つか、キャラ贔屓というよりはヤマトそのもののファンなので)今回賜りましたブツも、島×テレサのなんかラブっぽいもんではなかったりしますが、とにかく上手でその上ウイットに富んでいるので、一見の価値ありです。

もったいないので「つづき」に入れるよ〜〜〜(^^)♪



拍手[16回]

島さんの脳内ブロマイド

なんかそういえば、拙著のラノベにあったな……

島がICPOのシナプスモンタージュ技術を使って、自分の脳内からテレサの写真を作るってエピが(^^;)


今回はテレサちゃんです。
先日の某絵師マ☆ューさんの手になる、島の脳内ブロマイド。
三枚ほど頂いて参りましたのでぜひご堪能ください……♡


つづきへ

拍手[10回]

航海班の皆様、班長光臨っ!!ですよ〜っ!

2199の島大介?なにそれ美味しいの?…ってな皆様、こんばんは。

ERIももちろん、2199のチャラ介には興味がないヤツの筆頭。

お友達もそういう方が多いので、最近ではもう眠ったようになってる感じでありますが、某絵師様よりメッチャクチャ男前の航海長を頂きました!

見つけたとたんに拉致頂きたいですとご連絡いたしましたら、快諾して頂けまして、もう速攻でこちらにUP〜〜なのです。





どうですか…
久々に見る鋭いまなざし、って感じでしょ……

テレサに出逢う前、古代としのぎを削っていた頃の島さんですね♡

む〜〜ん、
これ一枚でなんか一本ラノベが書けそうですよ〜〜〜?


あとね、あとね、
もう一枚あるんです。


見る?

むふふ♡




「さらばっぽい感じで」





ぐふふ!!!

いいですねえ……

なぜか、ERIが描こうとすると最近は「ニヤァ〜〜……♡」って感じのしまりのない顔にしかならんので、キリッとしてる島さんは希少ですよね!!!


ん〜〜〜、これぞ眼福…♡


ん?

何かインスピレーションもらって、短編小説書いちゃうぞ!って方いらっしゃいます?
良いですよ〜?
載せますから書いて書いて〜〜描いて、でもいいヨ!(←なんだこの他力本願…)




拍手[21回]

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[06/02 某ましゅ]
[02/28 ERI]
[02/05 とらべらあ]
[07/05 ましゅー]
[06/26 ましゅ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]