忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   

美女と野獣

ディズニーアニメの方は、長男がまだ小さかった頃によく観てたので、細部まで良く覚えてました。
ディズニープリンセスものの中でも、一番好きなやつかもしれない。

とにかく、ヒロインのベルが「本の虫」なところ、
変わってる、と後ろ指さされるところ、
そういう設定がお気に入りでした。

(当時のプリンセスものは、リトルマーメイドのアリエル、アラジンのジャスミンあたりから大きく路線変更したよね。ヒロインは、「ただの守られる女の子」ではいない、そういう設定がディズニーアニメの大筋として定着したのがあの頃だったんだろう、と思う)←違ってたら教えて♪ 


ディズニープリンセス公式、というと、なんと13人もいるんだそうな。
(白雪姫、シンデレラ、オーロラ姫、アリエル、ベル、ジャスミン、ホカポンタス、ムーラン、ディアナ、ラプンツェル、メリダ、アナ、エルサ)

そのうち、よくグッズで揃ってるのが白雪姫、シンデレラ、オーロラ姫、アリエル、ベル、ジャスミン、の6人。(実は私もメモとかグッズ持ってるw)


ベルが空想癖ありの変人本の虫(だから野獣も許容出来たw)でナンバー2、
ジャスミンがもと乞食出身の夫、という変人最強プリンセスで、やっぱりそういう設定のお話は面白い。
フェミニズムに迎合してるといわば言え。
個性豊かな自由な女子に尊敬され、愛されてこそ、真の男だ、男たちよ頑張れ。てなもんですわ。


とかく、現代の男は「よわっちい」。

表面だけのマッチョ思想でガチガチに自分をガードして、痴漢冤罪は線路を走って逃げるが勝ち、何かと言えば「女が強い世の中で可哀想なオレ」をアピール。

女が強くなったのだから、男はもっと強く、もっと柔軟にそれを包み込んで守り、尊敬され、そうして女に「この人に従いたい」という気持ちを起こさせないでどうするんだよ、と思いません??

「美女と野獣」はラブストーリーでありながら、そのメインコンセプトは、
「そんなもん理解出来ない」男代表のガストンと、
「仕方なく努力したら案外できた、できたら予想外に気持ちよかった」男代表の野獣、という、ある意味「男のための生き方指南」。
そうだったのか、と今回改めて思いました。
ガストンの腰巾着やその他の脇役に、オネエみたいなのがやたらと出て来て、これも新しい男の生き方なのネ、みたいな匂いもプンプンしてたし……

一方で、ガストンみたいな男って、本当にいるよね〜〜。

女は自分の虚栄心を満たすための道具でしかなく、「力」とは暴力でしか計れないと思っている。
背中からだまし討ちするのも知恵、好きなものは戦争、血なまぐさいことや戦争で夫を失った未亡人にムラムラする。イケメンでマッチョで、こんななのに色男だから女性にモテる。
その辺に結構いるよ、この手の男。
現実に珍しいタイプではないのが、ちょっとイヤだった。そういう意味で、ガストンはアニメよりパワーアップしていたな……



アニメのほうが良かったな、という点も幾つかあったけど(ベルと野獣のダンスのシーンは、努力してたけどアニメのほうがカメラワークが良かった… 華やかさや広がりを感じたのはアニメのほうだった)


あとは、やっぱり演技かなあ。
エマは奇麗だし、さすがにハリー・ポッターで「目の前にないもの」を相手にする演技は慣れている、とは思う。でも、魔法を目の当たりにした時の表情が、まだハーマイオニーから抜けていない。……初めて魔法を目にする女の子の表情、ではなくて、魔法の使える女の子の表情なのよ〜。
あとから合成される映像を想像しての演技がやや平坦で、それがちょっと気になりました。

それと、時計のコグスワースがアニメほど目立ってなくて、あれれ?ってなった。
燭台のルミエールと、置き時計のコグスワースの掛け合いが、なぜかあまり印象に残らないんです。ミセス・ポットとチップは良かったんだけれど、……チップとベルが仲良くなっていくシーンがほとんどなくて、……いや、もしかしたら尺の関係でカットされてんのかなあ?ってちょっと残念。


今回の映画のために作られた曲もいくつかあって、それはとても素敵だったですヨ。




アニメの「美女と野獣」を見たのは、1991年の作品だからもうずいぶん昔のことだったんですが、今回の実写映画も、話の筋やキャラクターはほとんど変わっていません。

単純にプリンセスもの、女の子のためのお話、という括りで見られがちだけど、当時も私はこれを見て、自分の彼氏や夫も、マッチョ思想で弱い自分を武装していないで、強い女にも尊敬される真に強い男になって欲しい、と思いました。

ま、思ったけれど、
人というのはそう変わるものではなく。

「強いというのはどういうことなのか」。
分かっている男性って、ホンットに少ないな、と思います。


ん?

「分かろうとする」それだけだって、良いんですよ…
その気持ちが大事です。
それだけでも、尊敬されるファクターとなり得るんだしね。






拍手[3回]

PR

腐ってるので、第二章はオフ会とかドンドン行くわよー(マジ?)

ハッ!!

腐るって、意味違うかんね!!(爆)


色々あって(主に仕事上のことで)腐ってるのですよ…気分が。
で、さらに2202とヤマト2とを切り離せなくて、さらに腐る。
つーか、まだ観てないし2202。

チャラスケは私の愛した島大介じゃない!
あいつ、いる意味あんのか??とかホンキで思うし。
それを、打破出来るかどうかが第二章にかかってるのだよ………

(ヤマト発進、アンドロメダとのチェイス… そのアタリで見せてくれなかったら、マジでファンやめるぞゴラ!!ってなところでして………)


玉砕するか、
チャラスケが島大介に昇格するか、の分水嶺なのよ、たぶん第二章は。

チャラが島に返り咲いたら、絵を描くよ!!!(島の)笑。


けどまあ、
最近ヤマト愛を周囲にまき散らしてる人と触れ合ってないから、
充電の意味で第二章のオフ会は行けるだけ行きます(爆)


なんて、宣言してみたりして。



拍手[5回]

ていうか、チャラスケは?チャラスケは何してたの?

島大介のことを「チャラスケって言うな!」というお声もチラホラ聞かれますが〜〜〜

だってあの子チャラチャラしてんだもの、しょうがないじゃないか!!

笑。


辛い事や悲しいことを、笑って表面上誤摩化そうとする、
だけど心の中は相当病んでる、……2199の島大介。
そのキャラ設定がね、私はどうもダメなのよ。
一番駄目なのは、復讐心たぎらせてる姿だなあ……
戦闘に飛び込んで行ける動機を持った操縦士なんて、ヤマトの運転手じゃないのよ。
そこが、2199も2202もダメ。
浮沈艦の操縦士は、その艦が浮沈艦たる理由のひとつだからね…


古代ファンは、古代君がどんなにいじられていようが構わないらしいけど(何?そうじゃない?)。島ファンの理想たるや、尋常ではない高さで、私なんかのオリストでさえ叩かれる始末だから(^^;)


さて、実はまだバンダイチャンネルでもHuluでも2202を視聴してない私でありまするが、チャラ島の話がとんと聞こえて来ないので、あいつなにやってたんだろう?と思っておりました。


なに?

出番が少ない?


あはあ……(^^;)



やっぱり、見せ場は発進シーンからかなあ。
旧作「2」でも、ヤマトが地球を出発したのは4話。つーことは、4話くらいにならないと、チャラスケが何らかの理由で参加を渋ったり遅れて来たり、とかいうエピはナイ、って事か……

……つーか、そもそもそういうエピソード自体があるんだろうか。
だって、加藤んちの方がよっぽど参加を渋ったり遅れて来たりする可能性高いじゃん……

つーか、
チャラ島、あの2202にいる意味、あるんかいな。


(……もう、ひたすらただ中の人に申し訳ないとかその程度なのでは…)






拍手[5回]

誰でも思いつく名前があ〜…

実はまだ観てません… 2202。

だって、2話までだと欲求不満になりそうだし(笑)。

まとめて5話くらいまで観られるようになったら観ようかな。



でも、監督が変わったことで、あんまり良い噂を聞かないですね。
どうなのかなあ…
作画もアレみたいだし……。

個人的には、戦艦のネーミングにちょこっと苦言を呈したい気分。


サラトガとか、タイコンデロガとかさ………
自分がオリストで使ってた、ってのもあるけどさ。
アンドロメダ級戦艦サラトガの艦長は古代雪さんだったし(RESOLUTION)
タイコンデロガは島の率いる無人機動艦隊に負ける、地球艦隊の旗艦だったし。
そもそも、コスモゼロの後継機コスモファルコン、なんての、20年前に思いついて使ってたさ…

サラトガはミッドウェー海戦から第二次世界対戦を生き延びた不沈空母だし、元は戦場の地名。
タイコンデロガもアメリカ独立戦争の古戦場の名前。
つか、どっちもアメリカなんだが、2202に出てくるアンドロメダは、アメリカ海軍の艦の名前多いね……星の名前もあるけどさ。


つーかさ。

このネーミングが…


まるで目新しくないんだわ。

ちょっとかじっただけの二次創作ライターでも思いつく名前なんだわ。

そういうのがね……つまらんのよ。
自分でも思いつくような設定、展開。
そう言うのが出てくると、なんだかなあ……これがプロかよ、って思うのよ……


発想が、貧困すぎる。


現実にあるイージス艦の名前使うなんて、艦コレのレベルじゃんね。


ああああ、つまんない……

設定からもっと驚かせてくれよ、ヤマト2202!!






期待し過ぎなんだろう。
うん、そうなんだと思う。
良い方へ度肝を抜いて欲しいと思ってるのに、ちょこっと見ただけで「新しくね〜〜〜、誰でも思いつくしコレ」っていうのばっかりだと、萎えるんだよね……。


ううう。

しかたないので、シェリル・ノーム復活!に行ってる。
マクロスの方が観てて目新しいしスカッとする…
もうちょっと溜まったら、バンダイチャンネルで観るわ……









ショボン。

拍手[2回]

子供と、お勧めの映画で盛り上がる

2202はまだ観に行けてません。
ヤマトとは無関係の記事ですのでよろしく(笑)。


映画が好きな私でありますが、意外にも、自分が見てハマった映画を、人に勧める…ってことはほとんどして来なかったんですな。
まして、我が子に…なんて、いわずもがなです。

読書にしても(マンガ含む)、私は家中に自分の好きな本やマンガを転がしておくだけのタイプなので、気が付くと息子たちがヒマな時に読んでいたりして、いつのまにか話が合う…なんて事が多いですが「勧める」ってことはほとんどなかった。

(ヤマトもね〜その辺にDVDは置いてあるんだけどね〜〜、息子たち手を出さなかったねえ。やっぱあれは大元がね、プロットがしっかりしてないつーか、なんつーか…イマドキのこまごまとした設定のアニメと比べていい加減だから、なかなか今時の世代はハマリにくいらしいし……。私だって、他に競合作品がなかった時代に見てたからこそ衝撃を受けたけど、今の時代にあれにハマルとは思えない…(^^;)まあ、だからこそ、自分であの世界感を補填して行くことで二次創作を愉しんでた、という背景があったりするんで、それを息子に勧めるってのはナイですなあ…w)


私が先にハマって、息子たちがハマった…ので最大のシリーズはマクロスですな。
ヤマトにはないスピード感、スタイリッシュさ、カジュアル感が息子たちとシンクロした感じ。
女の子視点で物語が辿れるのもお気に入り(ヤマトは…どっちかっていうと、男に都合が良い世界だよねw)
上橋菜穂子作品は、アニメの精霊の守人から始まって、獣の奏者も、原作までみんなして読んでたな〜。


まあ、アニメに限ったことじゃないんだけどね。

大体家では、私と息子たちの趣味がほぼ丸かぶりなので、今でもみんなして映画を観に行くことは多いです。

そんで、私はハマった映画は大抵何度も見るので、DVDかブルーレイを買ってある。その辺を探せば幾らでもそういうモノが出てくる我が家であります…

このところ私がハマって観ていたのはなぜか「タイタニック」だったんですが(笑)、次男が春休みにミュンヘン大学へまた短期留学しに行くと言うんで、まさか「シンドラーのリスト」くらいは観たろうな、と思ったら未見だったということで、引出しの中からDVDを引っ張り出しました。

アウシュビッツへは時間の関係で行けないようですが、大学の近郊にダッハウがあるので、そこは行く予定らしい。
まあ、「シンドラー」も全部が史実じゃなく、多分に脚色されていて、シンドラーの妻によれば「夫はあんな善い人じゃなかった」とブーイングの嵐だったようですが(笑)
史実をベースにした映画は、やっぱり空想物語とは違って、色々と考えを巡らせる余地があり、物語の背景も考える価値のあるものも多いので、見応えがあります。

男の子は、感動してもそれを顔に出さないので(笑)そこも面白い。
「シンドラー」は次男的にはかなり衝撃的だったようです。


他にもこういう「ある程度事実」の映画は持ってないのか、と訊くので、
もちろん他のも与えてみます(^^)


私的に最高傑作な「K-19:The Widowmaker」とか(これは「ハダシのゲン」に匹敵する放射線の怖さが実感出来る、けど闘う漢の映画!)
「ベン・ハー」とか(古い映画は名作揃いだからね)…史実っていうかw歴史もの?w

しかしまさか、『シンドラーのリスト』から、難民の話や(今ドイツは難民関係のテロ…のようなことがちょこちょこ起きていて大変なのだ)イスラム国の話やら、為替の話になって行くとは思わず……
(というか、自分の息子が、いつの間にかそんな話が出来るようになっていたことに驚き…)。


次男は特に、法学部で国際法のサークルに入ってるので、その切り口からなら、おそらく私よりもずっと背景に詳しいんだよね。

勉強したことは、人に教えると記憶定着率が上がるよ、とか言って、次男の豆知識を「すごいね〜すごいね〜」とおだてながら引き出して、たまに教えてもらっている(^^)♡


ただ「面白かった」という感想だけじゃなくて、自分の持っている知識をフル稼働しながら映画を観ることの面白さを、ついに我が子が体験出来るようになったか、と、ちょっと嬉しくなりました〜〜

(あ〜〜。だからさ、ヤマトはねえ…。そう考えると薄っぺらいんだよね、まあアニメだからしょうがないのかなあ…)



こうなると、他にも見せたい映画がたくさんある。

ん〜、さしあたって、次は「ショーシャンクの空に」がお勧めだな…
それとあれもこれも…(笑)





拍手[2回]

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 27 28 29
30

最新コメント

[02/15 ようこん]
[02/11 某マ★]
[12/30 伊助]
[12/08 ようこん]
[11/29 T♪]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]