忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   

こうなると「さらば」式特攻はナイな

んもう、出来の悪い二次創作ねっ!!

……と2202をボロクソに貶してますERIですミナサマコンバンハ。

(たまーに製作のどなたかがココ見てるようですが、そんなこと気にしちゃいません。遠慮なく見るがよい苦しゅう無い……フハハハ…)←バチアタリ




前回の戯れ言は、何日かして見直すと「はひ?」なこと書いてるなあと自分で突っ込みそうになりますが、後悔はしてないので書き直しません(キッパリ)。

これも「愛」ゆえ……
偉大なるERIさまの、大いなる愛ゆえのお仕置きなのです……
(誰だおまいはドクロベーかemoji



んーでも、
(大体、あの雪ちゃんダイブの回って何話?9?それすらもよく分かってない始末w)

ただ。
あのお話をぶっ込んだおかげで、
2202のラストは、例の「さらば」的「古代の特攻」には出来なくなくなりそうですな。

また戯れ言暴言三昧です。
さらに強化してますしネタバレしてます。
ご注意を。



「つづき」へ。


拍手[14回]

PR

愛とはなんぞ

小難しいことをヤマトで考える……のは、二次創作作家の悪い癖ではございますが(笑)……

しかも、結論が出てるかと言うと、まったくそんなこともないわけでして。
なのに、なぜか勝手に分析してみたいと思ってしまうのは、
…やっぱり、二次創作だから……なのでありましょうか?


あ。


2199は「良くできた二次創作」で
2202は「出来の悪い二次創作」って、ことここに及んで思ってるERIでアリマスー!(こら!)


読んでも得しない戯れ言ですし普段に輪をかけた暴言ばっかなので、
以下は「つづき」に放り込んでおきますネ。
読むともしかしたら目が腐るので、ご注意をば〜〜〜〜(^^;)



拍手[10回]

純愛編観に行った。…突っ込んでもよかですか…

ええ、おにーさんと観に行ったですよ。
梅田でね…観たですよ…
ちょっと脱力してるですよ……



ロードショウ2日目、客席は程よく…いや、見事に同世代のオッサンで埋め尽くされておりました。女性もチラホラ。父ちゃんに連れられて来たお子さんもチラホラ。

ああ。

第二章までは、まあ、さほど迷う事無く付いていけたんですけども……
それなりにオリジナリティありましたしね。
細かい突っ込みどころは満載でしたが目をつぶれる範囲というか。
(例えばね、雪の指輪が古代の手に残るシーン、あれは絶対無理だよw 雪ちゃんマジックだよw)


しかし、第三章。

……なぜ今さら、またしてもアウェー頼みに走った???みたいな……
途中からポカーーーンと口が開いちゃいました……



(「つづき」は主に、例の辛口ド突っ込み…にしたかったんですけど、今回は「ん?は??emoji」ってなっちゃったもんですから、辛口にしようがなかった。にしても、当然ネタバレ含むかも知れませんので、自己責任でご覧下さいましね〜)


拍手[9回]

第三章PV

第三章純愛編PV 出てますね〜。

ほうほう、もはやスッパリ旧作のことは忘れられますな。

「沖田、借りるぞ」
ってなるほど〜〜〜〜、そうきたか。

おにーさん、10月14日だってよ?
どうする?いっしょに観に行く?(笑)

拍手[3回]

中の人スペシャルインタビュー、ですって。

電撃ホビ―Webにこんなの出てました。

(中の人の)スペシャルインタビュー

チャラスケの中の人、ね。


主旨としては「チャラスケは2202ではオトナになってるので、チャラくありませんよ」という感じですかね……
まあ、確かに、発進編までのチャラにはセリフがあまりなく、登場シーンも少ないし、結構顔のUPもある割に「ダンマリ」です。ま、ダンマリ、で彼のバックボーンにある難しい事情を表現してる?のでもありましょう…(制作的には簡単だしね)



声優さんにとって、ある作品に対してうんちくを語るというのは、かなり難しい面倒な作業です。
ヤマトほどの作品になればあるいはあのくらい(上の記事の分量くらい)穿ったことを発言出来るのかもですが、大概はひとつの作品に対する思い入れはさほどなく(ゴメン、現実そういうものだよ…。週に数本アニメ抱える人なら余計。ファンが思ってるより、声優は作品への思い入れはありません)そう考えると、鈴村さんはずいぶんとヤマトそのもののファンなのだな、とは思います。

だからさ…
余計、なんというか、申し訳ない気がする。


リメイクヤマトにとっての島大介は、いち脇役でしかないから。

旧作の、「古代の親友」としてのポジション、「冷静沈着な操縦士」としての立ち位置よりも、さらにもっと希薄な存在になっているから。


鈴村さんは、ずっとテレサと絡みがあることを期待してる風ですけど、
ないからね…… まあ設定的にムリですから。
演技に悩まなくちゃならないほどの出番は、残念ながら最後まで、ないでしょう。

(だからこそ、監督は演技について何も言わないんだよ…。台本どおり、それっぽく演っててくれりゃ、それでオッケーなキャラなんだよ………)



っていうかさ。
チャラスケ、どうしてアンタ、あんなとこからあんな風にヤマトに乗ってんの?
計画的なもの……にしては大冒険過ぎるっしょ…
無計画、とも思えないけど、煮え切らねーなー…
(あ、これ、発進するまでのことね……観た人は分かると思うんですが、いやはや、行くのを渋ってた島、とんでもないところからかなりギリギリなやり方で乗り込んでるからね?バカなの?っていうような島大介らしからぬ行動取ってるからね……ならもっと、とっとと先に来んかい、っていうような搭乗の仕方してるから。しかもさらっとしか描かれないという)

ええ、島らしからぬ、あまりにも無駄な労力駆使した方法で搭乗してます。

(そういうのがねー………脚本アホなの?とは思う、ホント・笑)



さて。

三日月小箱さんのお惣菜のために一生懸命作品作りをしておりますが、
なかなか上手く行きません。

やっぱりそれは、リメイクアニメに私自身があまり興味がないってのが原因。
旧作準拠でしか何も作り出せないってのが判明したので、方向転換しています。
良いよねえ?!(泣き)






拍手[7回]

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[07/05 ましゅー]
[06/26 ましゅ]
[06/26 紗月]
[05/10 某マ★]
[05/09 マシ☆ー]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]