忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   

第六章はネタバレブログにお任せしまして

おい…

またしても観に行かない宣言(笑)まだ上映中なのに(笑)


※拍手コメントにていつもお便り下さいます総務課…様(^^)
どうぞ遠慮なく色々書いていって下さいね♪
ここのブログはスマホから更新できないので、たまにPC立ち上げた時にだけ見ております。それでお返事が遅くなることが多々ありますが、ちゃんと見てますので!


というわけで、今回はヤマトのことではなく、最近ハマったあるものについて書こうかと思います。

ハマった…といってもアニメじゃないですヨ。笑





ハマったあるものとは、

「京都」であります…
京都の、伏見稲荷大社ですな。はい、ピンポイントで。



そもそもね、私は京都が嫌いだったんですよ。


元々、長年狂信的カルトキリシタンであった母と祖母の影響で、
私は日本の寺社仏閣に興味を持つことを忌避させられてきました。
ちっさい頃から「異教の神は命懸けで排除」するよう叩き込まれて来たので、鳥居だろうが有名な仏像だろうが金閣寺だろうがスルー、を心がけて来た40年間。

その上。

高校生の修学旅行時、京都のタクシー運転手さんや宿の人に嫌がらせとも思える待遇を受けて以来「京都の人」が怖くなり。
職場でも、新人のあまりの我の強さに「あんたどこ出身?」と訊いたら案の定京都。

親からのマインドコントロールで寺社仏閣を嫌い、
京都の人に冷たくされて京都の人嫌い、になっていたため、
近年までずっとあの都市に寄り付くことがありませんでした(笑)。

でも、何カ所かとても印象深くて好きな場所、というのがあって(それが伊助さんと行った嵐山の大河内山荘だったんだけども)そこに40年ぶりくらいに訪れて以来、
「京都って案外イイな」と思うようになり……


伊助さんちから京都は、結構ヒョイと行ける距離だったこと、
テディベアの有名なイベントが京都で開かれること、
京都で個展を開く作家さんと友だちになったりしたこと、などが重なって、
今では下手すると2ヶ月に一度は京都へ行く京都大好き人間になっちゃいました。

(あ。星花繚乱のサイトオーナ―瑞喜ちゃんに「にしんそば」を教えてもらってからは、にしんそば食べに一人でも祇園四条まで行くようになっちゃったしねw)


そのついでに(ついでってのもあれですが)
目的地周辺の寺社仏閣を訪ねるようになるのに時間はかかりませんでした。


先日はついに清水寺まで登ったし。
(まだ工事中だった…)
時間があったら行ってみたいと思っていたのが、伏見稲荷大社。
ここは、三男が修学旅行でたくさん写真を撮って来たのを見て、面白いな〜、有名な千本鳥居だけでも見てみたいな、とかねてから思っていた場所でもあります。


でね、

こないだついに行けたんですよ、
伏見稲荷に。


なんでだか、ずっと気になっていて。
ただ、千本鳥居だけ見ればいいかな、って思ってた。
でも、伊助さんがさ「もうこの先たぶん一生来いへんで?なら全部観てしまおう」と言うので(笑)、さして下調べもせずにお山へ入ったんですね。


千本鳥居のあたりはまだまだお山の麓の方で、外国人観光客でごった返してました。
でもその先、本格的にお山に登り始めたら、これが結構な登山じゃないですか…
しかも、ルートが幾つも分岐していて見所も満載。
なんだけども、「とにかく登っちまおう」という伊助さんにくっついて、あまり寄り道せずにひたすら上へ上へと登りました。


伏見稲荷大社は観光地としても有名ではありますが、
同時に全国のお稲荷さんの総本山。
かなりのパワースポットとして知られています。

ホントは、ゲシゲシただ登るだけの入山にしてしまっては、よろしくなかったのであります(^^;)

しかも我々が入山したのは夕方。
山頂に着く頃にはとっぷり日が暮れて、お山の霊力が多分かなり上がっていたのでありましょう……こころなしか、ゾクゾクして来ました。

参道沿いにはとにかくずーーーーっと赤い鳥居が連立してるわけですが、その隙間から外を見ると、猫がいたり鳥が啼いてたりするわけです(イノシシ被害もあるらしい)。
昼間だっだら例え物音がしても、ああ、猫かな鳥かもな、って思えますけど、夜になると…その他のもののけの立てる音に聞こえます(汗)
照明もあるにはあるんですが、所々です。
灯りに照らされた鳥居の影が、横断歩道みたいなシマシマの影を石段に作り出すので、段差が見えない。
鳥居の隙間に誰かいるような気もしますし、お山の中から鈴の音が聞こえたと思った時もありました。
さっきまでたくさんいた観光客もほとんどいなくなっちゃって、すれ違う人もほとんどゼロ。
だんだん、景色がこの世のものならぬ感じになってきまして、後ろを振り返ったり鳥居の隙間を見るのなんておっかなくて無理、しまいには照明のない場所も出て来て「マジでこの真っ暗な中進まなくちゃならんの!?」って状態になり、スマホのホーム画面のライトに頼るしかなくなり……

最後は半べそで石段駆け下りるはめになってしまいました。大の大人が二人で(^^;)

(え?半べそかいてたのは私だけ?)



写真も沢山とりましたし、あとから気になって見かけたお社や塚や祠を調べてみましたが、
……生半可な気持ちでお参りなんてしなくて逆に良かったのかもしれません。

ここではない他のSNSに、その日撮った写真を載せたところ、それを見た霊感の強いあるフォロワーさんが「ここは……絶対…おわしますな……ガクブル」と。

いや、私もそう思ったし!
だから、今回は写真は載せません…


断っておきますが、私は霊感らしいものはまるでない人間…のはずです。
それでもひしひしと感じるものがあったんだから、半端ない。
(しかも、2時間強の登山だったにもかかわらず気分が昂揚していたからか、翌日以降もまったく筋肉痛が来なかったんですよ……もう不思議としか言いようがない)

でも、「嫌な感じのするもの」ではないですね。
次はきちんと色々下調べしてから何度か訪れたいとあとから思いました。
というか、伏見稲荷に奉られている色んな神様を調べると、本当に面白い。
何度も訪れるファンがたくさん居る、というのもうなずけます。
次はぜひ、ひとつひとつのスポットを丁重に訪れて来たいと思っておりまする。



こんなの、カルトキリシタンだった母や祖母に知られたらぶっ叩かれるような内容ですが(苦笑)長年彼女たちには「目に見えない超常の力」は存在する、と叩き込まれて来ましたから、
それが日本の神社であろうと同じだ、っていうのはあるんじゃないか、と思います。
恐いもの見たさ…とか
観光根性?なんかではなく、
パワースポットとして厳かな気持ちでお参りしたいと思えているので、きっとあそこの白狐たちにも嫌われることはない…と思うんですけども(^^;)


というわけで、また近いうちに行って来るつもりです。











拍手[5回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

パワースポット

  • by 某ましゅ
  • 2018/11/18(Sun)07:25
  • Edit
いいですねー。
景色の良い自然は癒しですもの。
金閣寺・銀閣寺は行かれました?
足を延ばして六角堂とか、三輪大社(大神)とかも。とくに鳴門海峡の渦を見てると清々しいですよ( ^ω^ )
なんだかヤマト+ベア仲間でワイワイプチ旅行してみたくなりました!笑

無題

  • by ERI
  • 2018/11/18(Sun)16:07
  • Edit
〉某ましゅさん
金閣寺銀閣寺は昔修学旅行の時に。
学生が回る有名処は一通り行った気がするのですがあまり印象に残ってない(;´∀`)

京都で好きだった場所は、唯一嵐山の大河内山荘という俳優の作った庭園だけで、そこは神社ではないです。

今回は、他の神社には何も感じたことが無かった私が、伏見稲荷大社にはただならぬものを感じたのでありますよ。
つい観光というと一日で何ヵ所も回ろうとしがちですが、ここは梯子してはならぬ場所のような気がする…(・・;)
それだけ力の強い神社みたいです。
伏見稲荷大社に夜間詣でてみたいみんな、一緒に行くかい??

Re:無題

  • by ERI@Endorphin
  • 2018/11/21 20:05
>某ましゅさん

追記です。

確かに私もあとから読んだり聞いたりしました。
お稲荷さん信仰の難しさというか、落とし穴?

中途半端は絶対駄目、観光気分も絶対駄目みたい。
(なのになんで、あそこって駅近でお手軽そうで、修学旅行や観光客で溢れてるの???)

やばそうなことはしないつもりですけど(^^;)
重々気をつけます。
ありがとう〜〜

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新コメント

[12/08 くえすちょん]
[11/18 某ましゅ]
[11/18 ERI]
[11/18 某ましゅ]
[08/06 ERI]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]