忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   

19年間



注※

以下のようなことを書いたからって、なにかものすごく忙しいとか、
ものすごく凹んでるとか、っていうわけじゃないので、
どうかご心配なく……(笑)
支えてくれる人もいるし、やり甲斐のある、逃げるわけにはいかない仕事もあるので。


まあ、例によって、読んでも一文の特にもならない戯れ言。
忘備録に近いかも(笑)。



*************






夫から、メールが来た。

これって、実はとっても珍しいことである。
あの人が私にメールを寄越すとすると、内容は19年間(ていうか、最初の5年くらいは携帯持ってなかったなw)いつも同じだった。

「タバコ買ってきて」
もしくは
「氷買ってきて」(^^;)

氷って言うのは、ウィスキーに入れるロックアイスのこと。

それ以外でメールをもらったことは、多分…ない。
記憶にない。うん。

そんなだから、もちろん手紙ももらったことはない。
文字で意思を伝えることに私のアイデンティティの8割が詰まっていることを考えると
そういう夫の生態はパートナーとしては本来まったく相容れない…のだが、
うっかり(そう、本当にうっかり)結婚してしまったので仕方ない。

…なんでそんなにうっかり、かっていうと…
それはどうも、説明に時間がかかるので今はやめておくけど(笑)
要は、求婚されたときの私の精神状態が、かなり異常だった、ということだけは言える。
その他は……なんか昔の月9のドラマみたいだから、内緒。笑。



うーん…

まあ、とにかく。

夫から、珍しく2行にも及ぶメールが来たんだよね。

俺は追い出されたんだ。
離婚の手続きと調停やれよ

と。


追い出した………かな。
うん、多分、出て行って下さいと、お願いした。
子ども達とみんなで、あなたがここにいるのは苦痛だと、
そう言った。


夫は、かなり怒っているのだな。

……距離を置けば、多少は頭が冷えるのかと思ったけど
あれは怒っている。

…というか、怒ると手がつけられないのは昔から。
別居の引き金になった出来事は、もう一昨年前のことで…
彼の借金と交通事故の罰金を私の母親が肩代わりしたので、
そういうときくらいは友達と飲みに行くのを自重しなよと、そう私が諌めたのが
気に入らず、その後8ヶ月あまり私と口を利かなくなった。

どう大目に見ても、間違っているのは夫なのだが、
それがまた本当のことだから、正面から言われると腹が立つ、のだそうだ。

じゃあ一体どうすればいいんだろう。

しまいに、「あんたはおかしい」と意見した息子達と盛大に殴り合いをした。
俺の味方はいねえ、こんな家、と酔って喚いて、ものを壊して。

距離を置くしか、ないじゃない、ねえ?




で、今年の1月末に出て行ってもらったのだが、
行く先はのらくらできる彼の実家だ。
世話は夫の母がする。
家事育児から解放してやったわけだ。

けど、今度はまたしても酒の飲み過ぎで膵炎で入院……

着替えを持って行ったら、余計なことすんな、帰れと追い返されましたわい。



で…

6月は、市の児童福祉関連で色々手続きをするとお得な決まりがあるので、
それの申請のために、夫の保険証の写しをもらう必要がある…なので、
その件で電話したのだ。
そうしたら、保険証の写しはくれると言ったが、
「元気なの?」と聞いた途端に「もう関係ねえだろ」といきなり怒鳴られて
電話を切られたわけですわ。

その後に来たメールが、
結婚以来はじめての、2行を越える上のメール。




ふ〜〜〜ん。


……まあね……

もちろん、ここで私がグタグタ書き並べていることだけ読んだら
全面的に夫が可笑しい…みたいに見えると思う。
一方的な、つまり私サイドの言い分しか書いてないからだ。
みのもんたの人生相談じゃないんだし、あっちにはあっちの言い分があって
私の側の悪い部分で、自覚がないものもあるのだろう。
一方だけの言い分を読んで、判断を下して欲しいとは微塵も思っていない。

でも、詳細を語れば語るほど、
夫が不利になることは間違いない。

?…なのに、どうして調停とかいうんだろう。
協議離婚でいいじゃない、と思うんだけど。

もう、面倒くさいから母に夫がしている借金とか末っ子の養育費とか、
全部いらない、ってタンカ切ってやりたい所だけど、あいにくそこまで優しくない。
そんなに裕福でもないしねw。


とにかく、とりつくしまがない、とはこのことで。


肚を割って話し合う…ってことも、確かに今までもしない人だった。
10分も話をすると、ああ、もういい、俺やりたいことあるからもうおしまいにして、って
言う人だった。
その間も、5分と立たずに煙草を吸いに(もちろん話の途中でも)
ベランダへ出て行ってしまう人だった。

怒ったら、もっと話し合いなんか出来ない相手だった。
怒ってダンマリを決め込んだが最後、半年は無視されるのを覚悟しなくてはならない人だった。




でも、一応さ。
19年一緒にいたわけで。

いや、でも、この感情…というか感傷は多分、
情の移ったイヌネコと別れなくちゃならない時よりも
かなり気が楽で。

まあ、普通に凹むけど。
私の選択は、またしても失敗だったか、という自分に対する失望感と言うか。
息子その1も、かなりアホだし(笑)…。
子育てや夫婦関係に満足に成功している人なんか、そんなにいないんじゃないの?
みんなそこそこにあちこちほころんでいるのを、必死で取り繕っているだけよ、とか
変な強がりを言ってみたりする……(^^;)



当たり前だけど、19年をかけて、改めて学習した。
永遠なんてものはない。

今持っている、「いいもの」も、そのうち必ず色褪せる。
それにだけ縋ってしまえばまた同じように凹むことになる。
独りでも楽しく強く生きてけないと、女は駄目だ。
寄りかからずに、自由でいなくちゃ。


あと15年くらいの人生なんだしね(^^;)
もう後ろを振り返ってる暇なんかないんだし。
地球引力圏、離脱!みたいな感じで、頑張ることにします。
うふふ。



拍手[6回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 9 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26
28 29 30 31

最新コメント

[05/10 某マ★]
[05/09 マシ☆ー]
[02/15 ようこん]
[02/11 某マ★]
[12/30 伊助]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]