忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   

分散…(「星巡る方舟」感想その2)

む〜〜…

そういえば、と思い出してまたカチンと来ちゃった島ファンであった。


一応、ネタバレ含みます。
以下、自己責任でよろ。
あと、結構スネてます(苦笑)。
































まあ…

うん……


「俺ヤマト」だっけな、あれはな。
だから、キーキー言っても所詮二次創作だったんだ、で諦めればいいわけよ。
ホネホネドラムも、ゲジマユもまあ、いいのよ…(っつか、あの床に敷いてあったケモノの毛皮は、一体どんな……とか考え出すと、非常〜〜〜〜にコワイ、新改訂版ガトランティス。いや…もしかしたら、「ガトランティス」とか言うくらいだから、「アトランティス」とかけて、彼らも元は地球に端を発した同じ人類かもしれん、そう言う展開が来るのかもしれん…とかうがった自分がアホでした…完結編ではギルガメシュ叙事詩、今回はシュメール?結局同じ人類だったのはジレルの方だったわけだけども…まあ、それだってアイデアとしては面白いかもね?…いや、そこじゃなく…)


うん。

いんですよ?


目の付け所は良かったんじゃない?
なぜにバーガー?ってのは残るけども。
はっきり言って、バーガーって島より地味じゃんね?(そこかい)
あれがフラーケン程度のビジュアルなら許せるんだけど、
バーガーだからね。
ネレディアは最初ニュ―ハーフ?と思ったし…そっちの展開も面白いんじゃね?とか期待しちゃったし…(おい)
沢村と桐生の掛け合いは、ちょっと昔のラブコメみたいだし…(台詞とかも)
にしてもちょっと感覚が古いな、って思ったのは気のせい?


古代がいい子ちゃんの戦闘士官に成長したしね。
宮川彬さんもクラシックのレコードを2199年に聴いてもらえるような、古典の作曲家になってたしね……(苦笑)



蛮族描写に、がっかりしたのは確かだ。

まあ今回は、「ザコ敵」でなくてはならなかった、それも理解出来る。
あっこに、ガトランティスの主力が出て来ちゃったら、一体どんな強敵だろうか、考えるだに「まとまらない」っつか、「ヤマト帰れない」になっちゃうからね。

でもさあ……
やっぱ、あのホネホネドラムはないよなあ……毛皮敷いてるとかさあ…(あの気高い大帝のお姿は一体どうなっておるのやら…ドクロベーが出て来たら、泣くよ私ゃ…)



あ。で、件の火炎直撃砲は、ガミラスの捕虜を科学奴隷にして開発させた武器だったそうだが。
ネーミングのダサさはやはり蛮族ならでは、なのだろうか?(^^;)

あれを沢山装備した主力軍が攻めて来たら…
しかも翻訳のせいでなのか、無闇と「笑止!」なんて昔コトバを使う田舎モノで
まるまるマナーが首狩り族っていう…
絶対コワいよ、敵わないよ!

あいつら続編で戦うとしたら、仲良くなるとか礼儀は尽くすとか絶対ムリね。
(ああ、ほんじゃ続編はガトランティスはナイな……)





いや。

そんなことはいい。

まあ、大方「よろしいんじゃないでしょうか?」で終る。
映画自体は概ね好評である事だし。

ただし、一カ所やっぱちょっとカチンと来たな。
つか、Part1観て島ファンになった人を最終的に完全に切り捨てた感は強い。
(…現に、島ファンのサイトで稼働してるのが、老舗ではゼロだというのが良い証拠…)


古代の台詞ですよ…


「逃げる!」

それをお前が言うな、っての〜〜〜(><。


あれはね、
Part1の15話で、頭に血が上ってる古代に対して島が言ったセリフなんだよ…
島が、「逃げよう!それしかない」って言ったから、ドメルの罠に結果的にハマらないで済んだの。

ユキ絡みのエピは南部に分散し。
戦術的な具申は古代に分散し。
古代の要らん部分を丸ごともらい。
操縦の腕に関しても、ヤマトは写るけど運転手は写らないと言うね……ははは。
2199では、ヤマト運転手要らないんじゃね?
ああ、だから交代要員もいないのか…
島が寝てる間は全部自動操縦ってことで。
で、最後だけ古代とハイタッチじゃなくてなんつーの?グーパンじゃなくてさ、アレ。
いや、島、あんたの知らない間にバーガーってオトコが出来たんだよ古代にはさ…(なんかイヤだなこの書き方)もう古代はバーガーに夢中なんだよ…島…


古代くん、まあ…2199では最初からいい子だったしね。
むしろ頭に血が上ってたのは島(チャラ)だったし。
真田さんなんか、後ろで嬉しそうに業務放棄してるし(^^;)
艦長はくつろいでるし。

半日でトップ同士だけが分かりあってなれ合う、って言う展開は旧作のオマージュなのかなんなのか。あれだと下っ端は何がどうなってんだか不安でしょうがないよな。
なのに、またもや「昨日の敵は今日の友」みたいになっちゃって、そこで感動しろとか言う方が陳腐だわ。通常はトップが馴れ合ったとしても、末端まで短時間で納得して動くとは思えないからね。リアルを追求するならね…あれは変だよね?
旧作で、デスラーの勘違い(だよね?)からなんか古代と仲良くなったっつー展開をチラとでも「おかしい」と感じた経験があるなら、何でこの期に及んで同じ「おかしさ」を追求したのか、知りたいところだ… そして、あれで感動出来た人のおかしさを私があげつらっても、怒らないで欲しい……





映像は圧巻。
作画の一部、良い場面でいつも手抜きなのは何でだ?とか思うが(^^;)

バトルシーンだけは絶品。
結局、ドンパチやってりゃいいという、男の子のヤマトなのねえ……
ま、それでいいか。
全体は面白かったし。
キャラ萌えにこだわらなきゃ、まあよく出来てました。
今回は新見さんも何だかオシリが小さかったし。痩せた?(笑)




あと…


大和ホテル内にあったルソーの絵は、一体誰の記憶から持って来たんだろう?
それだけ気になったERIでした……

拍手[9回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

最新コメント

[06/26 ましゅ]
[06/26 紗月]
[05/10 某マ★]
[05/09 マシ☆ー]
[02/15 ようこん]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]