忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   

誕生日

2199では、島大介の誕生日は8月15日、になってます。

古代が7月7日。

なんだかなあ…
(最終章の上映月が8月ってのはなんだね?何かお情けとでも言いたいのかね?島ファンにそれとなくサービスだって言いたいのかね?ん?^^; そんなんじゃ納得しないけどね…!)笑。


キャラの誕生日だとか、物語上の出来事の日付っていうのは、
案外適当には出来ないもの、ですけどね…
2199の場合、色々ありますよね。

監督は「適当に付けたからなんでだか忘れちゃった」なんていう日付もあるみたいですが
古代の7月7日は七夕。巡り会う男と女、と言いたいのかはたまた。
ユキは12月24日。なんですか、Xmasイブ。……深読みすると啓示を受けた処女というか…
沖田さんは12月8日。これ、真珠湾攻撃(=開戦)の日なんだよね。先制攻撃。双方に各々の真実があれど、事実はひとつ。
サーシャが火星に落ちて死んだのは1月17日。阪神淡路大震災。これは色々意味が取れるね。
で、島が8月15日。終戦記念日。沖縄にとっては、終わらない受難の始まりの日。


まあ、一種の遊びだと思えばいいんでしょうが、
明らかにナンカを意識した誕生日の付け方だよなあ(笑)。
ま、いいけどさ。



さて…

8月です。
2199のチャラスケの誕生日が15日。第7章直前でありますが…
古代ファンは7月7日に大盛り上がりしてましたが、
どうなんですかね、島ファンは。
盛り上がる気配すらもないんですが、
ERIも別に盛り上がる気はありません(ないんかい)。
つか、そもそも老舗の島ファン(それもほとんどのサイトオーナー様が)は、まるで2199に興味がないか、興味はあってもシニカルに斜に眺めてるか、のどちらかです。
ERIみたいに、一応劇場版限定BDフルコンプしたりして興奮したフリしてるのは、かなり珍しい……って気がする。

んー、まあ、別に、いいんだけどね………(^^;)
チャラスケの誕生日がいつだろうと、そんなのどうでも(w)


ただ、ちょっち悔しいのは、古代ファンの新設定への柔軟性に比べて
島ファン、その点ではちょっと(ちょっとどころかw)劣勢だよね、ってことだ(笑)

なので、一応抵抗してみようかと。
ブログトップの絵がちゃんと「ヤマトだ」って分かるように変えたのは、そう言うコトでありまする(笑)。今まではなんかただのお耽美系イラストだったじゃん〜♡(笑)

それと、この際なので「チャラの誕生日?そんなんどうでもいいよ」というアピールを含めてですね(笑)、島とテレサで一本、新しい短編を書いてみた。
例によって、テレサとらぶらぶな島の話(w)。



ハッピーバースデー



で、例によって、
我がサイトのテレサは真田さんも脱帽の才媛であります。
そして、旧作設定なので島家はパパがちゃんと健在。
テレサは島の実家に同居してます。

…だから、じゃあ、ERIんち設定では島の誕生日はいつなのよ?と言われても、……あー……面倒くさいから8月にしといたよ、ってことくらいしか、言えませんなあ(^^;)








拍手[10回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by ちゅな
  • 2013/08/01(Thu)20:34
  • Edit
1歳のお誕生日おめでとうございま~す(#^.^#)
いつまでもお幸せにね~島君たち♡  トップのイラスト変わったんですね! 誕生日8/15設定ですか・・^^;考えたことなかったけど、夏生まれってイメージはしない・・かな~・・私は。いつから沖縄の人に? 知りませんでした。ってか子供も時からずっと当たり前のように全員東京の人かと思っていました(爆)・・2199は・・見てます(笑)頭を切り替えて見るようにしています。もぉかなり長い年月ヤマト離れしていたので、ERIさんとこの島君みてるうちに「2」が異様に見たくなってきて、休みに隣町までレンタルに走ろうとしているところです。
ダイエット&治療、暑いので気をつけてくださいね。私も肩甲骨が埋もれた人なので、ゲッタマン体操でも本腰入れようかと・・・。

Re:無題

  • by ERI@Endorphin
  • 2013/08/02 22:58
>ちゅなさん
ああ〜〜、お互い健康管理は大切ですねえ。
どうぞご自愛くださいまし。

旧作島×テレサのSSは、ささやかな抵抗です(笑)。
ウチの島とテレサを見て、旧作を観たくなって頂けたらそれは嬉しいことですね〜〜!

私も島は夏生まれ、って感じがしなかったですし、沖縄ってなんで?みたいなのもありました(^^;)一番違和感があったのは、宇宙人に肉親殺されて復讐心でたぎってる島の姿です…
あれで根本から旧作島大介のアイデンティティが崩れました(w)
テレサが島に惹かれた理由がなくなったような。
2199が終わっちゃっても、ウチのささやかな抵抗は続くと思うので(笑)、今後ともよろしくお願いいたします〜〜。

またもや失礼します

  • by ちゅな
  • 2013/08/03(Sat)19:05
  • Edit
宇宙人に肉親殺されて復讐心でたぎってる島の姿….
そうなんですよっ!!(声は大!)それはどっちかというと古代くんの役回りじゃ??
「俺はいい気になってたようだ。すまん」って言うあのセリフの「島大介」の・・・愛する姿は・・・銀河の彼方に吹っ飛んでしまっております。あ~この子は沖縄にいる島君のいとこなんだ・・みたいな気持で2199完走する予定でいま~す(*^^)v
ところで、EDENは、見れないのですが、私
URL請求できますか?

Re:ご請求ありがとうごじゃます^^

  • by ERI@Endorphin
  • 2013/08/03 20:37
>ちゅなさん

>「俺はいい気になってたようだ。すまん」って言うあのセリフの「島大介」
そうそう、そういうヒトだったはずなんですよ。
バックボーンが違うから、古代とコンビでいられた。
古代をサポートできる存在だったのは、あのバックボーンがあったから、なんですよ。
そこんとこを監督は読めていないと思いました。
まあ、ここで吠えててもしょうがないですけどね… 
メカとガミラス補完計画、が2199のメインなんですから。はは。

<EDEN>ですね。
・・・あれ、結構描写がハードですけどだいじょぶですか(笑)?
もちろん、島とテレサですケド(^^;)
R-25くらいかなあw。
ご連絡さし上げて差し支えないメアドをお知らせください。
URLを送ります。

プロフィール

  • by マシュー
  • 2013/08/03(Sat)22:31
  • Edit
ハッピーバースデー、有難うございます。楽しませて頂きました(^^)
私も島君って夏、しかも沖縄生まれの感じはしないです〜。むしろ古代君の方が8月生まれと言われたらそうかなと…。
2199は考えないでただ楽しむとwww
ブチ監督、さすがに戦闘シーンに限っては楽しいですもんねwww

Re:プロフィール

  • by ERI@Endorphin
  • 2013/08/04 14:39
>マシューさん
旧作の古代君の、暑苦しい正義感とか、時にはべらんめえになって殴り合いをする昭和っぽさがどうしても忘れられないのですが私。
なので2199の古代はちょっと認知症?とか思っちゃいます(暴言)w

島は…
実は、チャラいところは旧作の島にもあったので、チャラチャラしてるのはそれほど嫌じゃないんですが、やっぱり彼の背景が納得いかないですね。
生まれ月については、まあ、んー、……8月って乙女座だよな…似合わねえ…(^^;)とか思う程度です…笑

無題

  • by NONAME
  • 2013/08/14(Wed)20:13
  • Edit
通りすがりの者です。
実写版からヤマトの世界に入った
高校生です。

ERIさんの小説は一通り拝見いたしました。表現がとても豊かで、キャラクターが目の前で動いている、生きているかのようで、その力量に脱帽するばかりです。勝手ながら、これからも応援させていただきたいと思います。

話は変わりますが、自分はヤマト2199をとても楽しませていただいています(諸事情によりTV放映で、ですが)
なので、ERIさんが2199に難色を示されているのは少し寂しいです。
もちろん、人にはそれぞれ違う考え方があり、それを糾弾するのは道義に反することでありますし、ERIさんのように長く人生を歩んできた方に若造が口を出すのは好ましくないのは承知しております。ただ、2199の島を
「チャラスケ」と呼ぶのだけは、どうか止めていただきたいのです。聞いていると、彼には島の名を名乗る資格は無いと言われているようで、とても悲しくなります。彼は確かに旧作の島とは違います。でも、2199の島にも自分の信念や志があるのです。それを、ほんの少しでも、ご理解願います。

お目汚し失礼しました。

Re:コメントどうもありがとう(^^)

  • by ERI@Endorphin
  • 2013/08/15 14:47
>通りすがりの高校生さん

文章から察するに、聡明で礼儀正しく、学力の高いお若い方、とお見受けします。
(なんかバーサンみたいだな私^^;……バーサンですけども)

ネチケについても一通りご存じなのでしょう。
それでも、黙っていることが出来なくなってしまったのですね。
勇気を出してコメントくださったことに、感謝いたします。

ERIは、あなたの感覚が間違っているとは思いませんし、あなたの心情も理解することが出来ます。
実写版、2199と観て来られたということですから、監督や脚本の違いでキャラクターが根本的に変わることにも、柔軟な感性をお持ちなのでしょう。
そんなあなたであっても、「チャラスケ」は我慢ならなかったのでしょうね。


ですが…
うーん、ストレートにお返事するならば、結論は「ヤです」です。
(^^;)

自分の感性に正直に在ることが私のモットーですし、
私が自らのブログで2199の島大介をどう呼ぼうと、
それは私の自由であると申し上げておきます。
一般的ネットマナーに照らすならば、この私の意見の正当性は高いですよね。



では、どうすればいいか。

ひとつに、なぜ私が2199のカレをあんな風に呼ばなくてはならないと感じたか。
その答えは、宇宙戦艦ヤマトの旧作シリーズをすべてご覧頂くと、半分くらい分かると思います。
実写版の島大介は、旧作のカレを丁寧に踏襲しつつ且つオリジナリティを加えたものでした。
実写版の監督には、旧作を尊重する念がありました。それは、おそらく、監督ご自身がヤマトを観て育った世代ではないという距離感からでもあったと思われます。
ですが、2199の監督はドンピシャ、リアル世代です。
放映当時から愛しつつ尊敬しつつ、しかし批判しつつ自分の青春の一部として観て来たファンの一人です。…ですが、それだからこそ作品の中に己が根を張り過ぎ、公の作品としてのヤマトを私物化するかのような視点で扱っているという感がどうしても否めません。
ですから、全体を丁寧に尊重しつつリメイクしているというよりは
「自分の好きなオレヤマトの増長」が根底にある、とどうしても感じてしまいます。
ま、それが間違っている、と言いたいわけではありません。


私は、どちらかと言えば2199の監督とスタンスが同じ。
ですから、監督の気持ちはとてもよく解る。
ERIのサイトも、2199と同じ、「オレヤマト」の増長なのです。


ここで。

通りすがりの高校生さんが、例えば2199の製作陣、監督に対して
「ここをもっとこうして欲しい」
「あのキャラクタをこう扱うのはお願いだからやめて下さい」
と願ったとします。
正当性もあります、その心情もよく解ります………
ですが、2199の監督は、そのあなたのお願いを聞いてくれるでしょうか?
(プロとアマでは違う?……いえ、問題はそこじゃないですよね。)


例えばね。
旧作リアル世代の女性のファンは、
2199でのヤマトガールズが性的アピールの権化みたいに扱われていることに
正当な反感を持っています。
2199を応援しているし大好きだけど、それでもあれだけはゴメンだと、
沢山の古いファンの方がそう思っている。
でも、そのことを敢えて監督に直訴しようとはしません。
なぜだかは分かりますよね。

それと、状況はとても良く似ているのです。



ごめんね。
お気持ちは分かりますが、ご意見はご意見として承りますが、
ご意向には100%お答え出来かねますので、
どしても我慢出来なかったなら、閲覧を中止して頂く方向で対処してくださいまし、
と思いますよ。



ただし、付け加えておくのですが……

あのチャラスケという呼び方は、
古代ファンが古代を「もうバカなんだから〜♡」と言う思いで
「バカ」呼ばわりするのと、まあ大して差はないんです。

何度か書いてますが、
2199の島は旧作以上に人間として掘り下げて描かれています。
Part1の島は、ただただ屈託のない、人間としては無思慮な、普通の優等生、でした。
「2」を経て、彼にも陰が出来ましたが…
「チャラスケ」のチャラさは、彼自身が「作って纏っているもの」だということは、
私も当初から理解しているので、島の名を名乗る資格云々が有る無し、とはまるで次元が違うんだ、ということをご理解頂ければ嬉しいです(^^)。

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 9 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26
28 29 30 31

最新コメント

[05/10 某マ★]
[05/09 マシ☆ー]
[02/15 ようこん]
[02/11 某マ★]
[12/30 伊助]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]