忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   

2199第7章観て来た感想・ここはスゴイ


・・・・・なに?
こういう記事を先に書けば良いのに、って?
笑。


だって、これ、モロにネタバレじゃん。
「ここがすごい」だなんて………まだ言っちゃ駄目でしょ。

ですが、不平ばかり言ってると思われるのも癪なんで、
素直に「これはスゴイ!」と感じたシーンを「つづき」に羅列します。

それこそ、読んじゃ駄目だよ?
まだ観てないヒトは読んじゃ駄目。
OK?(笑)
(まあ、キャラクターに関するエピソードが主ではないので、誰それがどうなった、っていうネタバレ…は少ないかな。話の構成に関する感想なのと、続編があるかないかという予想、かな)








正直なことを言うと、
第7章観ていて何度か、「うるっ」と来ました。


筆頭は、ガミラス本星での戦いの結末。

しまった、私がRESOLUTION llで古代にやらせたかったことといっしょ(笑)。


総統府にヤマトの艦首を突っ込む理由が相変わらず良う判らんかったけど(ユキちゃんを助けるために白兵戦?艦を敵の懐に突っ込む…のまではある程度理解できる、総統府に総統がいるのならガミラスさんはヤマトごと総統府を攻撃出来ないから。でもそれが目的なら何も突っ込まなくたって良いよね^^;?……戦略に詳しい男子のミナサマ、納得いく理由を教えてたもれw)

…理由は判らんかったけど(w)、
突っ込んだことでその後の展開が導き出されたのは確か。
(………こういうシーンを描きたかったから、こういう行動をさせた、という誘導の仕方はヘタな脚本の典型なんですが、まあ、そこは目を瞑ろうw)

っつかねえ……(^^;)
ほんと、「このシーンを描きたいがために、伏線をこう張った」って、
それが見えちゃうのがねえ……全体的にそう言うのが多すぎて、白けるんですよ、脚本誰だか知らんけど。昭和なら許せても、平成だからね、今はね。
上手い!!って思えないのがさあ……まあ……  いいか…… ううう(^^;)



そう、ヤマトを総統府に突っ込んだことで描けたのは、
「民を私欲のために見捨てた総統」と
「その見捨てられた自分たちを、ヤマトが救う姿」を同時に、
ガミラスの国家、民全体が目撃することだった、わけです。


突っ込むとこまでは脚本の都合だが、それによって描けたのは
「一瞬にしてガミラス臣民がヤマトシンパにならざるをえない状況」…………
まあ、ヤマトだって、ああしなきゃ自分たちもオダブツだったから、なんだけども(笑)。

戦争を市民感情レベルで終わらせる方法として、これだけ完璧な理由は無かったと、
あのくだりについては拍手を送りたい。
素晴らしい。
感動しました。

あの件が、波動エネルギーを武器にしちゃったと怒っていたスターシァをも説得する理由になった。(イスカンダルはあれなんだね、「3」のシャルバート星・笑)

しかもその後、波動砲は封印されます。
フタ、してあった(^^;)
その上、ヤマト自体がイスカンダルの技術で改造されるので、波動砲が汎用兵器として使われるような続編はなさそう……ってことになる。
「2」のガトランティス、「3」のシャルバート、全部あちこちに使ってるからね、続編があってもテレサと島のアレは有り得ないよね、ふ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜良かった!!w
マジ助かった(笑)。


……じゃなくて(^^;)

いや、ガミラスと地球双方、一個人レベルでは将来に禍根は残ると思うんです…戦争が終わっても。
だけど、少なくともあの総統府での出来事を目撃したガミラス臣民は、ヤマトに恨みを持ち続けることが出来そうも無い。地球で待つ人たちや火星で殺された人たちの場合はガミラスが降伏したとしても休戦だとしても終戦だとしても、ずっとある程度恨んでるでしょうが…。

ガミラス側ではヤマトを追撃する理由があんまりない、ってことになって行くと思うんだよね……結局、亜空間ゲートの向こうで待ってたゲール君にも復讐のチャンスって無かったし。
(つか、あれ???ゲール君、どうなったんだっけ?さっぱり覚えてない…w)

本国ではヒスだのタランだのが、もう戦争止めよう、もういいや、って気分になってるだろうし。ヒルデちゃんみたいな立場の次の世代も、地球とヤマトに対して復讐したいっていうモチベが多分、続かないだろうと思うんだよな。

うん。

戦争物語は、作るのは簡単だけど
終わらせるのはとても大変。

でも、そこんところはとても上手に、感動的に、終わらせてくれたと思う。

旧作のように、本土を直に壊滅させたヤマトに対して、デスラーが共感したからって国家ぐるみでオトモダチ感情持つ…なんていうのは、本当は有り得ないわけよ。一市民の感情レベルでは何年も何世代も恨みの感情が残って当然なのに、総統の「ヤマトのボウヤLOVE」だけで地球と友好関係築けるって、そっちの方が有り得ないもん。
だけど、自らの指導者の本当の姿と、敵なのに自分たちを救う行動に出たヤマトを同時に見ることで(あそこ、「さらば」の「ヤマトだ!」っていって上を見上げる市民達のシーンのオマージュだよねwそれをガミラス市民にさせたというスゴさw!)戦いの愚かさ(w)を知って終戦に持ち込む、という流れはとても自然だった。

………デスラーを完全なヒールに仕立てたのは、総統のファンからすると「どうなの?」ってことにもなりそうだけど。
でも、哀しき指導者っていう描き方は悪くない、とは思った。

ERIとしてはここの、一連のくだりについては、出渕監督に喝采。

あ。セレステラのスタンス…については、何とも言えないかなあ。
でも、あの人が居なかったらデスラーは自分の船に戻らなかっただろうし…
セレステラの犠牲を見た雪が、「戦うことじゃない、愛し合うべきだったんだ」と言ったのは「おおお!そこでそれを!!」って思ったんで、良かったのかもな、うん(^^)。
よく出来てたと思う、うん。その後の雪の行動も、予定調和…とも取れないことは無かったけど、妥当ではあった…分かり易かった、うん。
(ただ、セレステラの感応波の描き方が………。パアアアア!!って、一瞬なんの少女漫画か、と思ったじょ。笑)




古代ファンは、古代が一人で雪を助けに(いや、正確には一人じゃなかったよねw。アヒル口が妙に可愛いユリーシャw)いくとこに萌え萌えだったと思う(笑)
……漂うデブリの中で、2人が再会するシーン。
あそこは、復活篇の雪を古代が見つける…っていうシーンを想起しました。
うふふ。




あと、「どわああああ(感涙)」ってなったのは、
イスカンダルへの到着シーンかなあ。

沖田さんの艦内放送があるでしょ…
「艦長としてお礼を申し上げる。ありがとう」っていうとこ。
あの辺は、旧作のまま。
音楽も、菅生さんの台詞も。
絵が奇麗な分、感動もひとしお。
ここはヤバイ、って思った、なんか泣いたw。

沖田さん絡みのシーンでは、
「地球か…何もかも、みな懐かしい」のとこがそのままでした。

旧作をそのまま奇麗にリメイクしたシーンは、文句無しに「うるっ」と来るのは昔見てるから、なのかなあ。
だから、本当は「そのまま」のシーンを出来るだけ残してリメイクして欲しかったんだよね〜〜〜(^^;)


相原ちゃんも最後になって地球との通信が回復して初めて
「父さんが死んだ」って泣いてましたが、うーん、あそこは「取って付けた感」が大。








で……
うーん、守とスターシァとコスモリバースシステムと、新見さんのことについては。

んー……。

ヤマトが出発して、それを見送るスターシァの画は、
「さようなら、ヤマト」って手を振るテレサ…みたいでしたなあ。
その時にお腹に手をやっていた、っていうのはちょっと気になるですよ(^^)猊下。
号泣する新見ちゃんとかね…

まあ、うん。

その辺には敢えて触れずにおこう。
ともかく、ERIは「いいんじゃないか」と思いましたよ、あの最後のくだりは。

ああしないと、雪ちゃんも生き返らないわコスモリバースも再起動しないわ、沖田さんの名台詞も聴けないわ。




ただ……


こうしてずっと通して見ててね。

古代君って………

ずっとただただ真面目に必死に任務こなしてただけで、
雪を奪還することも自力ではかなわず
(成り行きで助かったところを発見しただけ。功労者はノランw)
セレステラを庇う雪を守ることも出来ず、
…出来ず出来ずのまま吠えるだけ…だったような。

旧作の古代みたいに無茶をするなとは言わないけど、
無茶はしないし結局力及ばずだし、ヒーローとしてはやっぱり役不足……だったのかな、って思いましたです。可哀想w

ま、2199は群像劇だから、ピンで立てるヒーローでなくたっていいんだろうね。
まあ、あんな古代君ならあのあとも無茶しないだろうから、雪を置いてどっか行ったりしないでしょう。
逆に、無鉄砲な雪にくっ付いて回って
「あああ、あぶないよ雪、やめた方が」って世話焼いてくれるんじゃないですか?
よくよく考えりゃ、安全パイなんじゃないでしょうかね、2199の古代は。
蟹座の男は家庭的、って言うしね(笑)。





*****


※ コメント欄と拍手にコメントくださって、気を遣ってくださったnon★oさん。
大丈夫です。良識のある方の辛口・愚痴・批判はまったくOKですよ(^^)
でも、ご意向に従ってコメントは非公開にしておきました♪

※ スターシァの勘違いについて、鋭い指摘をくださったSさん!
すげえ、よく気がつきましたね!!!!!笑えませんですよ、あれは…(^^;)
猊下は目がお悪いのだ、と思うことにいたしましょう……


拍手[8回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[07/05 ましゅー]
[06/26 ましゅ]
[06/26 紗月]
[05/10 某マ★]
[05/09 マシ☆ー]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]