忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   

観閲式2016

自衛隊の朝霞訓練所での陸自の観閲式が10月23日に行われる。
先日から、そして今日も、予行演習が行われている。
上空がうるさい。



ヤマトの絵を見てファンになった小学4年生の時から、
子育てを始める20代後半までの間は、
戦闘機カッコいい、と思っていた。

シン・ゴジラを見て、戦車頼もしい、とも感じなかったわけじゃない。
本当にゴジラが出るのなら、自衛隊はあった方がいいだろう。

でも、後年、
轟音を立てて空を飛ぶ戦闘機を見ても、
戦車を見ても、
カッコいい、とは微塵も感じなくなった。


無駄。
大いなる無駄だ。



人間として、歴史を知って、
自ら子育てをして生命の尊さを知って
毎日これだけの苦労をしながら生きて行かなくてはならない、と知って。

さらに、その中で、
経済苦のために、知識も機会も与えられず、ただ犯罪の犠牲になるだけの人生で終わりを告げる小さな命があることや
何十年も模範的に生きていても 経済苦のために最後はゴミ屑のようになって忘れられるだけの命があることも、知った。

知る度に、
「結局、地獄の沙汰も金次第」だと思うようになった。

個人で賄えない分を、福祉が手当てする、それが国家の在りようなのだが
国家は個人を救済していない。
福祉とは名ばかりで、結局は犯罪に巻き込まれて死んだ子どもも、
リストラで崩壊した家庭も、
障害を持って生まれた人の生活苦にも
「自己責任なんですいません自分でなんとかしてね」という結末しか、与えられることは無い。




災害支援?
子育て支援?
介護福祉?


全部、心ある有志の個人が動いて、やっとどうにかなっているだけじゃないのか?
国はほんのちょっとハシタ金を配り、それで「十分やっている」と言い張る。
国とは何だ。
国民を守ろうとしない国家を、国と言えるのか。
ただの国境線警備隊?
島国だから、それもさほど大変じゃなかろう。


……まあ、
自衛隊がまるごと無駄だ、とはいわない。
違憲だ、ともいわない。
別に左じゃないし
ほんとにゴジラが鎌倉や日本海側に来るかも知れんしな(嘲笑)


ただ……


観閲式(のリハ)を見ていて、非常に腹立たしく思った。

あの一機分だけでも良いから、
いや、駐屯地で訓練用にぶっ放す砲弾の何発か分だけでもいいから、
災害支援、子育て支援、福祉、にまわしてくれんかな。
あれらの値段を見るたび、怒りが込みあげる。

こっそり回しちゃえばわかんないじゃない?
国がいつもやっているみたいに?
使ってない金を使ったように見せかける手口でさ、こっそり温泉行ったり公用車をレジャーに使ったりするノリで、戦闘機一機分を介護福祉に回してよ。介護士の給料上げるためにさ。
どうにもならないことを承知で、言い捨てるけれど。



あんなものを、カッコ良い、と思っていた自分が情けない、と
心底思った日曜日。








※ ではなぜ、ヤマトのファンなどやっているのか?という疑問が残る

反戦思想というわけじゃない。
ヤマトは、はっきり言うと旧作の島大介キャラ萌えのみだ。
そして、旧作の島大介は、2199とは違い復讐心で従軍している人物ではない、という色合いが濃い。だからこその、島大介ファンだったわけだ。
私の創作物上でも、戦いを望まない人間をメインに書いていることはお分かり頂けるはず。

ERIは、現実の殺人兵器をカッコイイ、とは思わない。

愚かだなあ、と思って見ている。


カッコイイ…
なら、砲弾の真下で家族を失う、それもカッコいいんだな、バカだなあ、としか思えない。
突然の惨い命の終わりと、
兵器の存在とは、
切り離すことなど出来ないはずだ。

「それはそれ」「これはこれ」という思考は「逃げ」であり「当事者意識の欠落」でしかない。
大の大人が、情けない……

こう置き換えれば少し分かるかな?

男性にとって「女を性の道具と見ることは必要」
だから、性産業、犯罪の娯楽化が常態化している。
マンガで女性がレイプされ殺されていても、それは男性に取ってある程度必要だからしかたない。
女性から見たら、もし自分の身や娘の身に降り掛かったら「娯楽」では済まないのだが、
社会的には容認されている。娯楽媒体上の犯罪は、リアルとは別で、必要なものである、と。
これが、「それはそれ、これはこれ」という考え方だ。

実際には、当事者意識を高く持って見るならば
娯楽媒体上の強姦も、実際の強姦事件も、
本来あってはならないものと感じるべきではないのか。
娯楽作品上で、自分と(もしくは自分の娘と)同姓同名、容姿も執拗に似せたキャラが、
強姦されて殺されていたとしたら?心安らかに見ていられるか?その作品の存在を、無視出来るか?それを、知人が楽しんでいたら……?



観閲式見て「カッコエー」と思うことと
犯罪に対する当事者意識とは、問題の次元が違う、
それこそ「それはそれ、これはこれ」だろう、という向きもあるかもしれない。

だが、そう言い募ること自体、罪の意識が内心にあるから、ではないかと勘ぐってしまう。

結局、自分が愚かだと認めたくないだけだろう。
想像力の無さを指摘されて苛ついただけだろう……




ま。

世の中には、観閲式楽しみ大好きって人がゴマンといるから、
ことほどさように「当事者意識の欠損した人間」は多いのだ。
「考えても見なかった、気がつかなかった」という人間も同罪だ。
だから、犯罪も無くならない。


国がいうように、「すべては自己責任」なのだろう。

暴論だなあ(笑)でも真実だと思うよ。



観閲式本番にはブルインがくるらしい。
でも、23日は関東地方に居ないので、あの騒音を我慢する必要が無い。
それだけは助かった、と思っている。









拍手[6回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

拍手にコメントのYさんへ

  • by ERI
  • 2016/10/17(Mon)00:44
  • Edit
スミマセン、「それ私に言ってんの?(# ゚Д゚) 」って思った方多数?かも知れないと思いつつ、書いてました(笑)

個人の嗜好に、あれこれ言うのはそれこそ愚かなことですな。

アニメの中のことなら、別に構わないんですよ。
ただ、現実の兵器に関しては、必要悪と言われても納得行かんです…無きゃあ困るんだろうけど「あんなに要らないでしょ?」って。

バトルアニメのファンで居ることに対しては、常にこの矛盾がつきまといます(苦笑)他人事、と思えばこその「カッコイイ」なんだな、って。

No Title

  • by NONAME
  • 2016/10/17(Mon)09:28
  • Edit
ストーリーやテーマについてはもうどっちでもいいからともかくキャラ萌えしてるんだ文句あるか!のお気持ち、とてもよく分かります!

Re:No Title

  • by ERI@Endorphin
  • 2016/10/17 19:56
>NONAMEさん
そうなんですよ、ヤマトはただのキャラ萌え…
だって、突き詰めて考えたらバカらしいですもん。
所詮アニメですからね。

ただ、まあまっとうな社会人として、まっとうな母親として、
自衛隊は「持ち過ぎ」国は「見当違いな税金の使い方し過ぎ」ではないのか、と思うだけです。これについても突き詰めて行くと、「お前は左か」となるので、やめときますが(笑)

バトルアニメ見てカッコイーって言いながら
税金の使い道考えて憂鬱になるのとは、やっぱり対極にあるっつかね。

災害支援、子育て支援、介護福祉なんか忘れて、ヤマトも多分税金で動いてるとかそんなことも考えず、ホゲ〜〜っとしていたいもんです…コドモのように。




>ストーリーやテーマについてはもうどっちでもいいからともかくキャラ萌えしてるんだ文句あるか!のお気持ち、とてもよく分かります!

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[07/05 ましゅー]
[06/26 ましゅ]
[06/26 紗月]
[05/10 某マ★]
[05/09 マシ☆ー]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]