忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   
カテゴリー「独り言的なモノ」の記事一覧

古い携帯電話に残されていたもの

現在は当然スマホを使っているERIですが…
実はまだ、何年も前に使っていたガラケーを目覚まし代わりに使っています。

その中には、メールも当然保存されていて。

ひょんなことからお近づきになれた、仲村さんとの初期のやりとりも残されています。

その後、ガラケーからスマホに替え、再度ガラケーへ戻ったりと紆余曲折がありましたが(笑)




先日、何かに呼ばれたように
その古いガラケーのメールの送受信記録を眺めていました。
仲村さんからは、合計で600通以上のメールを受信していました……

思えば、あの方はほぼ毎日、その日あった出来事や思ったことなどを
短いメールで送って来られていたのです。

ご長女さん曰く非常に気難しい孤高の役者であられた彼の方ですが、どういうわけか私の言動がいたくツボに入ったらしく、しげしげとご出演作やお気に入りの古い映画のビデオを送っていらして、私の感想を聞きたいとおっしゃいました。
(私のお返事や感想については、弊HPに掲載されているものが一部あります)

うーん……(笑)

私も、自分で自分は相当変わっていると思っているのですが、その変わり具合がちょうど秀生さんのそれとリンクしたのだと思う他ありませんね。



おっと。


オリジナルの島さんファンの方からすれば
「島さんが変わってるとか有り得ない!」みたいな事になりかねませんので、
これ以上の暴露は避けますが…(いや、これまでもかなり暴露してる気がするけど)

(^^;)


まあ今さらですが

アニメのキャラクターや劇の役というのは、作りものです。
作られた設定通りに役を動かすのが、中の人の仕事。
役者イコール劇中のキャラクター、ではありません。

仲村秀生さんは、島大介ではないのです……
島大介のイメージで見られても困るなあ。
それがあの方の本音でした。

夢を見続けるのは悪いことではないのですが
演じたキャラクターの印象を重ねられることを苦痛に感じる声優さん俳優さんは、少なくない。それが真実だと言うこと、どうか心に留めておいて頂きたいです。


そこへいくと、
これは秀生さんご自身からも聞いた話ですが
冨山さんは「ファンのひとは僕を古代進に重ねて見ているのだから、それに応えないと」というスタンスでいらしたと。
ホント、あのお二人は古代と島、の真逆でしたよね(^^;)
冨山さんにはお会いしたことが無いので真相は解りませんけれども…。



うわっと。
またぶち壊しな発言をしちゃいました……スミマセン。




お預かりしたままお返しできなかった秀生さんの台本が、まだ手元に数冊あります。
ご家族から、どうぞそのままお手元に置いて故人を偲んでくださいとお許しを頂いたものです。

タイトルは「十月のミサイル」



豪華なキャスティングで、演じていてとても楽しかったと仰っていました。
(主役は納谷悟朗さんでしたが、準主役を秀生さんがアテておられました)


そういえば2014年の3月に、私はお誕生日プレゼントとして、3月のカレンダーをお作りして差し上げたのです。

ご出演作やお気に入りの作品をならべた、日めくりカレンダーです。


   


↑ここに挙げたのは全部じゃないですけどね。
ちゃんと島さんと力石徹も入れましたよ。



特に、お誕生日の9日には、おそらく一番気に入っておられた「風と共に去りぬ」を使いました。

もはやトリビアの域ですが、JALの機内上映版の「風と共に去りぬ」のレット・バトラーは秀生さんが演じておられたのです。アトランタ便が就航するときの機内上映版だったそうですから、本邦初公開劇場版の上映よりも先、ということですよね。





島大介の声でスカーレットを口説くレット……
ドキドキしますよ〜〜〜。

そう言えば秀生さんも、レット・バトラーみたいな口髭を生やされていました。
「でも、ボクは帽子を取ると蛍なんだけどねえ」
なんて自虐ネタもおっしゃってましたけど(^^;)




あくまでも、ご命日よりも
ERIはお誕生日の方を覚えていたいと思っています。

故人を偲ぶのは命日となぜか決まっていますが、
ご本人にしてみれば「なんで?」って感じじゃないでしょうか。

人が何かを楽しんだり喜んだり、戦ったり許したりできるのは、生きている間だけです。
生まれた日を記念する方が、ずっと活き活きしてるじゃないですか?











拍手[10回]

PR

第四章…

チャラスケがテレサとどうにかなる、って言う展開が微塵も無ければ、
もうそれでイイや…


ひとまず呟いておく、ってことで。

まだ観てません。
パンフ発売になってから行こうかな。

いじょ。

拍手[1回]

2017年から、まだ出られないけど…

もう2018年なのだなあ。

全然ついて行けないのに、時間だけが進んで行ってしまう。

私の心の中は、まだ2017年のクリスマスあたりで止まっている。

<OSAKA光のルネサンス2017 中之島中央公会堂ウォールタペストリーライティング>

9分ほどの動画なのだけど、ヒマだったら見てね。↑ 





クリスマス。


小さい頃から、『祝ってはいけない』お祭りだった。

それでも、ただのイルミネーションの行事なんだからと自分に言い聞かせて、
こっそり楽しんでいた…
母からは、異教の祭りとして禁じられていたから。

私がイルミネーション好きなのは、
世間のみんなと同じようにクリスマスを楽しみたかった、という、
『痛切な心残り』の名残なのかもしれない。


おにーさんを連れ回して、夜景ばかりを見て歩くのも、それなんだろうな。

本当は、母と、父と、妹と祖母と、…みんないっしょに、
イルミネーションを見て「奇麗だね〜」と言ったり
夜空を見上げて「わああ素敵!」とはしゃいだりしたかった。
大事な人。
大事な人たちと一緒に、
例えそれが、ただのお仕着せの娯楽や商魂逞しい行事だとしても
当たり前の季節のお祭りだとしても、
それを普通に楽しみたかった……


夜景マニア(笑)でも、
これには上に書いたような、複雑な由来があるのよ……



2年前の12月、
翌年以降に、こんなにたくさんの大事な命が亡くなるとはまだ知らなかった頃。

上の動画と同じ、この場所で、将来家族になることを約束してくれる人が出来た。

でも、その後すぐに彼の叔母さまが逝ってしまい
彼の叔父様、そしてお父様、
そして私の母までも。

おにーさんとも、離れていると、いつ何が起きても不思議ではないと思ってすぐに不安になる。


だけど、
一時一時を大事にただ生きて行くしか、何もできることなんて無い…
当たり前の時間とか
当たり前にいるはずの人とか
それがこの世で一番、当たり前ではないのに、
私はずっと、それに気が付いていなかった。


あのウォールタペストリーのプロジェクションマッピングを見ながら、
向江陽子さんの「光」という曲を聴きながら、
それを噛み締めている。

おかしなことに
この明るい曲調の「光」を聴いていると、
涙がボロボロこぼれてしまって前が見えなくなる。
何度聴いてもそうなってしまう。


だから、まだ2017年から出られないでいるのだ。







拍手[2回]

拍手コメントへのお返事

<6月15日に追記>
◎拍手にコメント下さいました、無記名の島ファンのかたへ。

そうですかそうですか、旧作島ファンは総ボイコットだと思っていましたが(自分含め)テレサとの個人的接近がナイ、とほぼ分かったので、「じゃあ見てみます」っていうご意見、嬉しかったです(^^)
フツーにPart1の続き、という感じで、ヤマトそのもののお話を楽しむ分には面白いですから、安心して第二章観に行ってくださいね〜〜。

****************

実は、このブログでは、
拍手にコメント頂いても基本的にお返事をあまりしない……という、
大っっっ変失礼なコトが常態化しております。

もちろん、拍手コメントはかならず拝見しておりますが、
個別にお返事をする余力がないため、読ませて頂いてそれでおしまい、という
状態なのであります………

スミマセン!!!

土下座!!!


お詫びに古代君を……(描くのか?)………




いやそれは置いといて。

つづきに少しだけ、拍手コメントへのお返事を書かせて頂きます。
いつも申し訳ありません〜。

拍手[8回]

うちうせんかんやまと2199 旧作風味のOPを見つけたのだが

一度削除されているようなので、引っ張って来るのはどうなのかと思ったんですけど。
出来がいいのでチェック〜

コレ

YOUTUBEです。



2199のOPは、最後のほうの「うっちーうせんっかんっ」ヤーマートーのとこで、
古代と雪が顔を見合わせるのが ↑ (わかります?)イヤだった………なんか動きがNHKの子ども番組みたいで(笑)


そうそう、そこなんだよねえ……。


ミョーにリアル追求してみたかと思うと、ミョーにミュ―ジカルじみた動きをさせる。
2199の何が駄目って、そういう演出ですよ。
オシャレじゃないの。とにっっかくお洒落じゃなかった!!(^^;;;)連呼


旧作がお洒落かつーと、そりゃあ子供だましの子どもアニメだったよ?
でも、作ってる人らが「子供だまし」っていうのを我慢して作ってる、実はお洒落な作品作りが出来るんだけど、子どもアニメだから、って抑えて作ってる、それが滲み出てたんだよ。

ところが、2199は「子供だまし」と思って作ってはいないよね。
製作、大人のためのヤマトだと思って作ってるよね??
親が見てて、一緒に見てる子どもはオマケ、って認識だよね?

なのに、所々「大人の鑑賞に耐えうるとは思えない」部分が散見される、一体どーゆーことだよ、といつも感じてた。


「こどもアニメ」と思いながら、お洒落で粋な作品作りの出来る大人が作っていたのが旧作。
「おとなアニメ」と自負しながら、大人になりきれない作品作りをしてたのが2199。

自分と同世代のクリエーターが集ってやっているから、そういうアラが分かるのよ!つか感じちゃうのよー。



うっち〜うせんっかんっヤ〜マ〜ト〜 ♪






拍手[4回]

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[12/08 くえすちょん]
[11/18 某ましゅ]
[11/18 ERI]
[11/18 某ましゅ]
[08/06 ERI]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]