忍者ブログ

The Planet of Green  ☆ blog

   
カテゴリー「独り言的なモノ」の記事一覧

変な予感

む〜〜〜。

2202に関して、とおおっても変な予感がしているERIです……

何の根拠もないんですけど、でもなんか、
……もしかしたらやりそうな気がしてるんだけど………



「さらば」がベースになりそうな2202。
そして、裸のテレサ。
絶対有り得なさそうだけど、あの製作陣ならやってもおかしくない。
ファンの思いを最大公約数で拾う、と公言しながら、
2199では、まったくその気配の欠片もないストーリー展開。

ならば………

島と裸テレサの恋物語があっても、不思議ではないような………。


これ、一番有り得なさそうな展開なんだけど
なーーーーんか、やりそうなんだよね…。
予感がする。




もうね、旧作の「中の人仲村秀生」の島とは、まったく別人なわけですよ。チャラスケは。
見事に対極を行っている。
2199では、古代の親友……に見えてたのは最初の数回だけ。
ライバルですらない。
マブダチ程度っつの?しのぎを削る相手ではなくなってた。

さてしかし、古代×雪、加藤×真琴、山本×古代か篠原、星名と百合亜、ユリーシャと伊東などなど、色々とカップル誕生を横目に、島には浮き足立った話がない。これでは、中の人を鈴村さんにした意味もない。

そうしたら…

あとは旧作でも同人でもほぼ有り得なかった、
「反物質人間テレサ」と島大介の、「絶対に触れ合えない恋」
がある可能性は捨てきれないな、と…

だってさ。
旧作「2」のシナリオは、なんだかんだ言って、上手く出来てた。
テレザートのテレサ(服着てる方)が地球とヤマトに肩入れしようと思ったのは、単純に島の情にほだされたから。地球は島のついでに救われた、という展開で、「さらば」の反物質人間テレサの「地球に肩入れする動機のあやふやさ」に比べて、ずっと説得力があったし人間的だった。

普通に考えたら、旧作「さらば」の裸テレサには、ヤマトの味方をして一緒に特攻までする、強い理由がない。
だとすると2202の制作は、ヤマトを助けたいと思えるほどの、何か強い動機を、「2202の裸テレサ」に与えなくてはならないわけなのだ。それが、旧作のオマージュとして「チャラスケの役割」である……と設定するのは、制作としてはごく普通のことかも知れない、と思った。

あの通りのチャラ男だ。
とにかくご機嫌取っとけ、ということで、異星人を口説くことだってやりそうだ。
(でも、通信で……というのは逆にないのかも。あのチャラスケが大人しい相原をぶっ飛ばして通信を乗っ取る必然性を描くのは、さらに難しそうだw)
作戦の一端として、なぜか航海長がテレサを口説いているうちに、島の方が情にほだされてしまう、そういう展開なら無理がない。


というか、ストーリー展開というのはすべて、キャラからみた当然の動機や、心の動きに裏打ちされていないと不自然なのだ。
世界観の設定とすべてのキャラの履歴書を作った時点で、ある程度の展開が自動的に決まってしまう。思う通りの場面を描こうと思うなら、設定の縛りを変えるか、キャラの性格や背景を変えるしかない。
そこに、旧作、という動かせないベースが絡んでくると、さらに展開の幅は狭まる。
だとすると、裸の反物質人間テレサがヤマトに与する動機は、限られてくる。
しかも「泣かせる」という監督発言でしょ………



テレサは最後、反物質の対消滅エネルギーを使い切って、
ただの人になって、島と触れ合って死んでいくの。
なんかその手の泣かせ方を企んでるような気がちょっとするの〜〜。

にしたって、やっぱ「恋した女に死なれる男」な島だな……
チャラがますます暗くなる………


けど、
このエピソードが入り込む、に私は一票。

む〜〜〜〜(^^;)どうなんでしょうかね…
私はチャラスケファンでもなんでもないので、勝手にこんなこと言ってますが〜
チャラスケファン的には、「ヤメテ〜〜」なお話、でしょうかね。



追記:
でも、そうなると、あの大人しめな古代が
「宇宙の平和が地球の平和だ!何が起きてるのかしらんが、反逆罪を犯してもヤマトで調べに行くぞ!」って言い出すかどうか、それ自体がもう怪しい………

最初の展開自体を旧作とはまるで違うものにしないと、話すら始まらなさそうだ。
そこが目下、楽しみでもある。





拍手[7回]

PR

毎日ギリギリ。

ああ、専業主婦っていいな〜。
ああ、学生っていいな〜。
ああ、お父さんとお母さん、どっちもそろってるお家っていいな〜。
ああ、子どもの居ない家庭っていいな〜。
ああ、毎月ちゃんと足りるだけのお給料もらえるお家っていいな〜。


笑。

いやはや、切りがないわ。

毎日ギリギリで、「オイコラ」な愚痴三昧。



専業主婦はつまり、夫が独りで家族が暮らして行けるだけのお金を稼いで来てくれるわけだから、もうそれだけで有り難い。ちなみに、長男が生まれる前の数ヶ月だけ専業主婦だったことは、ある。

学生は、勉強だけしてればいいんだから、羨ましいことこの上ない。私はカルト宗教の母親から、この世の中は後数年で滅びるのだから高等教育は必要ない、と(真面目に)進学を禁じられた。チキショーもっともっと色んなこと勉強したかった。

小学校一年から母子家庭。お父さんとお母さんがどっちも揃ってる家庭に育ちたかったし、ついでに言えば、独りしか居ないその母親がカルト宗教にハマってなきゃもっと良かった。

子どもがいなけりゃ、そもそもこんなにギリギリじゃない。

毎月自転車操業か、どっかから借りて来ないと回らないウチって一体……


こんなバカバカしい愚痴を連ねて、まったく
口が腐りそうですが
もう納豆ナミになってんので、カンベンしてくださいな(^^;)
再近暴走老人なんで。




そんなギリギリな日々の中、
さらにギリギリを強いるよーな出来事がありました。

検診で、まさかのマンモグラフィー、カテゴリ4の診断。
乳がんの疑い濃厚、という見立てでした。

いや〜〜〜…

凹んだとか、そんなレベルじゃなかったです。


色々調べて、さらに凹み。
治療をしないで無視していたらどうなるのか。
かといって、治療をするにしてもどんな目に遭うのか。
どっちに転んでも私にとっては死刑宣告に等しいほどのもので
「早期発見ならちゃちゃっと切って、おしまい」ってわけにはいかず。
早期でも早期なりに大変な治療が待っていて
調べれば調べるほど、「…………無理」ってものばかりで。

しかも、
私の場合は誰にも何も頼れないのです。

親は施設で、それこそ生ける屍だし話も出来ない、私のことも分からない。
妹も離れて暮らしている。そもそも、強いお姉ちゃんで生きて来ちゃったから、妹の方がオタオタしちゃう…
子どもは男の子ばかり、私が闘病始めたら、汚い我が家がさらに汚くなっていき…私は奇麗なタオル一つも期待できない中、手術とか投薬とかでグッタリするはめになるのか……

そう考えたら、何もかも知らんぷりして東尋坊からダイブ!のほうが幸せだ!とか
真剣に考えそうになりました。

いや、3割くらいはそう思ってましたね……



550キロ離れたところに、愛しいヒトはいるんだけれど
この距離で、どうやって支えてもらえるのか?とそこも絶望ポイント。

危うく、身辺整理を始めるところでした………


子どもの怪我とか身内の病気とか、そういう自分以外のいざって時には「冷静だ」と(救急隊員にまで)言われた私ですが、自分のこととなるとからきしダメみたいです。
結構簡単に諦めちゃう。
人の世話は心折れずに頑張って出来ても、もうそれ以上、自分の世話なんて無理ですよ……。
毎日ギリギリなんだもの。




幸い、要精密検査の判定が出たけれども改めて調べた結果、
最初のマンモの画像が不良だったらしく、エコーとMRI(血管造影剤使用)の結果は「何も悪いところナシ」だったんです。

最初の「カテゴリー4」って、一体なんだったんだ!!!

しかも、要精検の紹介先宛ての診断書にだけ、それが書いてあったんですよね…!
担当医は、所見がカテゴリー4だなんて、私に教えてくれませんでした。
「精密検査に行って下さい」とだけ言われたんです。

本来、紹介先への封書ってノリがしてあるので患者は見れないのですが、私は医者に不信感持っているので、かならず中を開けて見ます。開封しちゃいます。
その診断書にC-4と書いてあったんです。
知らずにマンモの画像だけ持って精密検査に行ってたら、そこで何されたかわかったもんじゃない……いきなり生検とか細胞診とか、そんな話になったかもしれないじゃないですか。
しかも、最初の所見を出した医療機関から渡されたマンモのレントゲン画像は、私のじゃなく70歳の他人のものだったんです。
そーいうね、初歩的なミスをしれっとやらかすんですから…。
ホンット、いい加減な医療機関ばっかりでイヤんなります。



乳がんの疑い濃厚、の診断見て、約ひと月、
もう生きた心地がしませんでした。
結果はたまたま「シロ」でしたが、今回のことで自分がどれだけギリギリを生きているのか、思い知った感じ。





ガンはガンでも、乳がんだけは私にとって「頑張れない」病気かもしれない……。

小さい頃、胸を触られる痴漢にものすごく遭いまくっていたので、
検査でもへたするとフラッシュバックが起きます。
マンモグラフィーは素肌で撮るので、今回もそれだけでフラバが起きかけました。
耳が遠くなって、動悸と目眩がして、幽体離脱したみたいになります。
だから、変な風に写ったんかもしれません……

この上、これだけ他人に触られたくない部位の検査や治療をすると考えただけで、
「東尋坊フライハイ」になるのでありますよ……(不謹慎?わかってらい、んなこた!!)



有名人が乳がん闘病してるので、
みんなこぞって検査に行ったりしていますが、
「検査の内容がイヤ」とか「男性医師はイヤ」「男性撮影技師はダメ」と言うと
「検査なんだから恥ずかしいとか嫌だとか言ってる場合?」と鹿爪らしく説教する人が居ますが、私みたいな人間も居るんですよね…
過去の記憶のせいで、正常に検査が受けられない、治療が受けられない。
「生死がかかってるんだから、嫌とか言ってらんないでしょう」なんてことも言われますが、身体が生きられても多分心が死にます。
男性にべたべた触られて検査、治療、闘病。
絶対に無理です。
同じ理由で男性の看護師も介護士も助産師も、すっごく嫌です。

これでも出産はしてるし、産婦人科医の担当医は男性でしたから、
医者が男性なのは、子どものためにある程度は我慢はしてるんです。

でも、これ以上は無理。


自分のためだけだったら、これ以上のギリギリは御免です〜(><。
子どもたちのために生きなくちゃ、とか…まあ、ちょっとは思うけど……
彼氏のため。まあ、それもあるけれど……



結構簡単に、人生諦めちゃう自分が居て、なんかびっくりしました(おい)。




幸い、ネットはマイナス情報だけでなく
私みたいな人に優しい婦人科を見つけることも出来ます。

女性医師、女性撮影技師だけに対応してもらえるクリニックを見つけたので、今後は万一の時はそこに行きますが、それにしても問診票にズバリ「性被害体験があるので男性医師は受け付けられません、女性医師、女性技師、女性スタッフの対応をお願いいたします」と書かなければ、それ相応の対応はしてもらえなかったかも。
ん?書きましたよ。
「被害体験があるので〜」のくだり、ちゃんと。
そこのクリニックでは、私のカルテとか記録に、目印の付箋を貼ってくれていました。
そうしないと、うっかり男性医師や男性スタッフに回されちゃうこともあるかもしれないから。

「あの人、性被害体験者よ」みたいな視線は受けなかったですね。
むしろ、女性スタッフ全員が申し合わせてかばってくれた、という感じがしました。



というか…

女性は誰しも、成長する中で多かれ少なかれ、痴漢被害には遭ってるんじゃないでしょうか。

そんなことない?
忘れてるだけかもよ?

私はかなりの割合で、嫌な思いをしてる人に会ってますが…




でも、そのクリニックも、手術は大学病院で、男性医師が行うらしいんだよな…

医者の世界はまだまだ男性上位。
検査機器も、「バカなの?」と思うほど女性の身体に優しくないものばかり。
「痛いのや、惨めさや、恥ずかしさを我慢して」と、
当然のように女性に要求する社会は、どっか間違ってます。



……つか

こっちゃ、こんだけ毎日ギリギリなんだからさあ!!
病気になったときくらい、安心して検査や治療受けたいよ!
なのに「やれコレを我慢しろ、アレを我慢しろ」って、
余計具合悪くなるわ!!!

それを想像しただけで、「もう治療はいいや」ってなるんだよ……!
(結局なんか怒って終るw)




拍手[8回]

観閲式2016

自衛隊の朝霞訓練所での陸自の観閲式が10月23日に行われる。
先日から、そして今日も、予行演習が行われている。
上空がうるさい。



ヤマトの絵を見てファンになった小学4年生の時から、
子育てを始める20代後半までの間は、
戦闘機カッコいい、と思っていた。

シン・ゴジラを見て、戦車頼もしい、とも感じなかったわけじゃない。
本当にゴジラが出るのなら、自衛隊はあった方がいいだろう。

でも、後年、
轟音を立てて空を飛ぶ戦闘機を見ても、
戦車を見ても、
カッコいい、とは微塵も感じなくなった。


無駄。
大いなる無駄だ。



人間として、歴史を知って、
自ら子育てをして生命の尊さを知って
毎日これだけの苦労をしながら生きて行かなくてはならない、と知って。

さらに、その中で、
経済苦のために、知識も機会も与えられず、ただ犯罪の犠牲になるだけの人生で終わりを告げる小さな命があることや
何十年も模範的に生きていても 経済苦のために最後はゴミ屑のようになって忘れられるだけの命があることも、知った。

知る度に、
「結局、地獄の沙汰も金次第」だと思うようになった。

個人で賄えない分を、福祉が手当てする、それが国家の在りようなのだが
国家は個人を救済していない。
福祉とは名ばかりで、結局は犯罪に巻き込まれて死んだ子どもも、
リストラで崩壊した家庭も、
障害を持って生まれた人の生活苦にも
「自己責任なんですいません自分でなんとかしてね」という結末しか、与えられることは無い。




災害支援?
子育て支援?
介護福祉?


全部、心ある有志の個人が動いて、やっとどうにかなっているだけじゃないのか?
国はほんのちょっとハシタ金を配り、それで「十分やっている」と言い張る。
国とは何だ。
国民を守ろうとしない国家を、国と言えるのか。
ただの国境線警備隊?
島国だから、それもさほど大変じゃなかろう。


……まあ、
自衛隊がまるごと無駄だ、とはいわない。
違憲だ、ともいわない。
別に左じゃないし
ほんとにゴジラが鎌倉や日本海側に来るかも知れんしな(嘲笑)


ただ……


観閲式(のリハ)を見ていて、非常に腹立たしく思った。

あの一機分だけでも良いから、
いや、駐屯地で訓練用にぶっ放す砲弾の何発か分だけでもいいから、
災害支援、子育て支援、福祉、にまわしてくれんかな。
あれらの値段を見るたび、怒りが込みあげる。

こっそり回しちゃえばわかんないじゃない?
国がいつもやっているみたいに?
使ってない金を使ったように見せかける手口でさ、こっそり温泉行ったり公用車をレジャーに使ったりするノリで、戦闘機一機分を介護福祉に回してよ。介護士の給料上げるためにさ。
どうにもならないことを承知で、言い捨てるけれど。



あんなものを、カッコ良い、と思っていた自分が情けない、と
心底思った日曜日。








※ ではなぜ、ヤマトのファンなどやっているのか?という疑問が残る

反戦思想というわけじゃない。
ヤマトは、はっきり言うと旧作の島大介キャラ萌えのみだ。
そして、旧作の島大介は、2199とは違い復讐心で従軍している人物ではない、という色合いが濃い。だからこその、島大介ファンだったわけだ。
私の創作物上でも、戦いを望まない人間をメインに書いていることはお分かり頂けるはず。

ERIは、現実の殺人兵器をカッコイイ、とは思わない。

愚かだなあ、と思って見ている。


カッコイイ…
なら、砲弾の真下で家族を失う、それもカッコいいんだな、バカだなあ、としか思えない。
突然の惨い命の終わりと、
兵器の存在とは、
切り離すことなど出来ないはずだ。

「それはそれ」「これはこれ」という思考は「逃げ」であり「当事者意識の欠落」でしかない。
大の大人が、情けない……

こう置き換えれば少し分かるかな?

男性にとって「女を性の道具と見ることは必要」
だから、性産業、犯罪の娯楽化が常態化している。
マンガで女性がレイプされ殺されていても、それは男性に取ってある程度必要だからしかたない。
女性から見たら、もし自分の身や娘の身に降り掛かったら「娯楽」では済まないのだが、
社会的には容認されている。娯楽媒体上の犯罪は、リアルとは別で、必要なものである、と。
これが、「それはそれ、これはこれ」という考え方だ。

実際には、当事者意識を高く持って見るならば
娯楽媒体上の強姦も、実際の強姦事件も、
本来あってはならないものと感じるべきではないのか。
娯楽作品上で、自分と(もしくは自分の娘と)同姓同名、容姿も執拗に似せたキャラが、
強姦されて殺されていたとしたら?心安らかに見ていられるか?その作品の存在を、無視出来るか?それを、知人が楽しんでいたら……?



観閲式見て「カッコエー」と思うことと
犯罪に対する当事者意識とは、問題の次元が違う、
それこそ「それはそれ、これはこれ」だろう、という向きもあるかもしれない。

だが、そう言い募ること自体、罪の意識が内心にあるから、ではないかと勘ぐってしまう。

結局、自分が愚かだと認めたくないだけだろう。
想像力の無さを指摘されて苛ついただけだろう……




ま。

世の中には、観閲式楽しみ大好きって人がゴマンといるから、
ことほどさように「当事者意識の欠損した人間」は多いのだ。
「考えても見なかった、気がつかなかった」という人間も同罪だ。
だから、犯罪も無くならない。


国がいうように、「すべては自己責任」なのだろう。

暴論だなあ(笑)でも真実だと思うよ。



観閲式本番にはブルインがくるらしい。
でも、23日は関東地方に居ないので、あの騒音を我慢する必要が無い。
それだけは助かった、と思っている。









拍手[6回]

三日月様の富山敬さん本 感想

どなたの本を読んでも(芥川賞だろうが直木賞だろうがw)、
滅多に感想なぞ書かないERIなのですが
拝読して色々楽しく思ったので(^^)近況を交えて書いてみました。


<つづき>へ



拍手[24回]

みんな、ほんとにそんなにフツーに出来るもんなの??

久々なブログがこんな記事(笑)

まあ、最近動かしてないから、あんまり人目に触れまい、とたかをくくって
書き散らしてみます……(^^;)





私が「料理が嫌い」なのは、もうずっと先から書いて来たので
ココをのぞいて下さる方はご承知のことと思いまス。

「嫌い」なのであって、たぶん「下手」なわけじゃない。
それも、自覚しています。
「料理に使う時間が勿体ないと感じる」のが最大の理由だというのも、書いた記憶がある。



だけれども。

最近、フと思うのでありますよ……

「みんな、ほんとにそんな、フツーに美味しく出来るもんなのか?」と。


主婦を20年もやってたら、お料理は出来るようになるものらしいけども……
まあだから、私だって、子ども3人ふつーに育てるのに事欠かない程度には、料理をするのだけれども。
よその奥さん、お母さんは、聞けばもっともっと、レパートリーも多いようなんだなこれが。
そんなにフツーに、おいしい料理を作れるもんなんでありましょうかね?




というのはね。


こないだね。
ダーリンが、我が家の子どもたちに顔見せに来たわけですよ。
で、そこに、私の唯一の家族(認知症でもう話も出来ない母に代わって)
妹も、同席したわけなんですよ。

そこでね、妹がさ。
私の料理嫌いを話題に出して、ダーリンに言ったんですわ……
「このヒト(私のことw)、なーんにもできませんよ?いいんですかね?」


おいおいおい、
なーんにも、ってことはなかろうよ、
あたしゃ曲がりなりにも、子ども3人育てたんだよ… と突っ込もうと思ったのだけれど、
言い合いになると面倒くさいし料理は出来ればしたくないのが本音なので黙っていた(笑)。


ダーリンは、「ええまあ知ってます」とかゴニョゴニョ言ってたけど、
一応今までに作って食べさせたものについては「美味しかったですよ」とフォローに回ってくれた。


しかし。


ダーリンは、「オレは料理に頓着しないから、こだわりないから」と
言う割に、案外外食なんかで食べる料理に対しての評価が厳しい。

「こだわらない」というからには、
ゴミ箱みたいになんでもパクパク食べちゃうのだと思っていたら(笑)大間違い。
美味しくないと残す!という荒技も頻繁にやってのける…
(まあ確かに、残すのもやぶさかではないくらい美味しくないものはある。だけれども、私から見ると、外食でさえあんなに批判されてしまうのであれば、私の作った物なんか、もっと評価が厳しいんじゃなかろうかと心配になって来たんである……)

わかります?


ま。

ダーリンは食いしん坊です。
一緒にいると、「いや明らかにカロリーオーバーだよね」というほど食べ過ぎます。
朝ご飯、お昼ご飯、おやつ、夕ご飯、夜食、プラス真夜中になにかつまむ…(寝なさい)という感じです。
ハラヘッタ、という回数がハンパない。

だから、料理には頓着しない、こだわらない、と言いながら、
実はご飯が楽しみなのでありましょう。

具材の大きさや、煮え具合、
ご飯の味や炊け具合、
塩加減、濃さ、そんなものについてのコメントは入念です………


ああ、きっと、私の作るモノなんか、そのうちケチョンケチョンに貶される。

なんかそう思ったら、
面倒くさくなって来ました…(^^;)おい。




料理は愛情?
いや、そう言い切るのはキューピーのコマーシャルだけで充分です。
そんなCMに踊らされてたまるもんですか……
その他に愛情表現なんて幾らでもある。

私は「その他の愛情表現」で勝負するので、料理でどうこうしようとは
思いませんが……(のわりに、なぜかいつまでもグダグダこういう記事を書いているのは、やっぱりなんらかのコンプレックスが作用しているとしか思えないのでありますが)




だからさあ。


みんな、フツーの奥さんて、
フツーにおいしい料理とか作れちゃうもんなの?
ちなみに、私が作れる「美味しいモノ」と言ったら、
………に……とか
………カ……とか
………お……とか
………ハ……とか
………と……とか
…………………………あとなんかあるっけ……

ちなみに、下ごしらえの必要な料理は基本的に嫌いなのでしません。
何かに漬け込んで下味つけるとか、その手のもんね。
味噌汁温めてて焦がすくらいだから、事前準備の必要なものなんか、作ろうとしたらキャパオーバーでフリーズした挙げ句煙が出てオシャカになるよ。
(5種類も作れんなら上等、ってダーリンが言ったもん!!!)←叫ぶな


みんな、他の主婦の人は、もっとたくさん色んなものをチャチャッとつくれるもんなんですかね?
それが知りたいハニーなんでありますよ。





(え?ダーリンとかハニーとか? ……便宜上そう書いてるだけだよ^^;。時たまあっちが私をマイハニーって呼ぶけどな・爆)







拍手[8回]

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[05/24 dbniImaro]
[02/29 ERI]
[12/08 くえすちょん]
[11/18 某ましゅ]
[11/18 ERI]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ERI@Endorphin
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- The Planet of Green  ☆ blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]